第44期棋王戦第1局 広瀬章人竜王vs渡辺明棋王の棋譜速報!相掛かり


第44期棋王戦五番勝負 第1局の広瀬章人竜王と渡辺明棋王が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局が相掛かりになりましたね。

渡辺棋王vs広瀬竜王

渡辺棋王が飛車先を切った手に対して広瀬竜王は▲3六歩。

取ってこいと言っていますね。

△同飛は▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩に▲8四飛と周るんでしょうか。

△8三歩に▲8七飛と引いておいて、次の▲8二歩を見せてどうかですね。

桂馬が逃げても成って、△同銀は飛車が成り込めますので、成功ですね。

受けるにしても、△7一金ぐらいしかありませんので、かなり形が乱れます。

また、広瀬竜王が持ち歩が2枚なのに対して、渡辺棋王は持ち歩が1歩になって、歩得した割りには持ち歩では負けていますので、あまりやりたくない変化ですかね。

ということで、△8四飛と引いて穏やかな展開になりました。

歩を取りにいくかどうか

渡辺棋王vs広瀬竜王

今度は広瀬竜王が横歩を取れる形になりました。

▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲6四飛ですね。

ただすぐにやると△7三桂があるようです。

次に△6三銀▲6六飛△8六歩と垂らす手が生じます。6六に飛車がいなければ▲6六角が飛車に当たるので問題ありませんでしたが、飛車が6六に来てしまったせいで、▲6六角ができません。

なので、▲8五歩と8六歩を消してから、歩を取りにいきましたね。

そこからまた穏やかになって、一歩得している広瀬竜王は不満のない展開かなと思います。

渡辺棋王は1歩分をどうやって取り返すかですね。

広瀬竜王の右玉vs渡辺棋王の仕掛け

渡辺棋王vs広瀬竜王

スポンサードリンク

左側で戦いが起こるということで、広瀬竜王は右玉にしました。

それに対して、渡辺棋王は△4五歩と仕掛けていきました。

渡辺棋王としても玉頭なので怖いところですが、角道を明けつつ、渡辺棋王の飛車の横利きを止めて、味はいいですね。

▲同歩に△8五桂も考えられたでしょうか。

解説では、▲同桂△同飛に▲4四桂で金が引くと飛車が成られてしまうため、良くないという判断でしたが、▲同桂の瞬間に△2二角成があるようです。

▲同金に△8五飛と走ることで、金取りの先手になりますので、受ける必要があります。

▲8六歩~▲8七歩で先手を取って受けることはできますが、今度は▲4四桂が△2二金とかわせるので問題ないですね。

ソフトは△8五桂の筋を推奨していましたが、渡辺棋王は△3三桂と全面を使って攻めにいきました。

拠点を作り、金駒を取りにいく

渡辺棋王vs広瀬竜王

渡辺棋王は端角にして、4六歩と拠点を作って、△6四桂と4七に打つ銀を取りにいきましたね。

銀は逃げられませんので、取ることができます。

ただ、▲4四桂から反撃に出て、▲5五銀と銀の交換にしました。

桂馬に取られるよりは銀の交換のほうが良いという判断でしょう。

できれば、6四桂がからぶれば最高ですが、5六に効いていて、将来玉の逃げ道を封じそうですので、からぶりになることはなさそうですね。

4四歩が甘かったか

渡辺棋王vs広瀬竜王

ソフトはこの次の▲4四歩が甘いという判断でした。

変えて、▲4三銀と捨てて△同銀▲3三角成で少し悪いながらも互角とのことです。

点数は150点ぐらいですね。

▲4四歩で1000点ぐらい傾いて、△5四歩に角が逃げていたら一手パスですし、攻めのターンがなくなるということで、▲4三歩成で勝負していきましたが、飛車がしっかり効いていて、攻め切れないですね。

渡辺棋王vs広瀬竜王

▲8三銀が形作りですかね。

△同飛は▲5二金で詰みとなりますので、△4七銀からバラして、広瀬竜王の投了となりました。

投了図以下

渡辺棋王vs広瀬竜王

△4六桂で投了となりました。

現状は△5八角▲4八玉△4七歩▲3九玉△3八金までの詰めろですね。

4八金や2八飛で受けることはできますが、6五角などで一手一手になりそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*