藤井聡太七段vs豊川孝弘七段の棋譜速報【順位戦C級1組2回戦】急戦向かい飛車vs天守閣美濃


順位戦C級1組2回戦の藤井聡太七段と豊川孝弘七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

豊川七段は急戦向かい飛車にしましたね。

藤井七段vs豊川七段

プロ間では、あまり見られなくなりましたが、だからこそ指したというのもあるかもしれません。

藤井七段があまり研究していなければ、勝機がありますからね。

急戦向かい飛車に対して、▲4六歩も有力ですが、藤井七段は▲3七桂。

△2四歩▲同歩△同飛は▲2五歩で桂馬も効いているので、問題ないですね。

そこで、豊川七段は△5四銀と玉頭銀を狙っていきました。

それに対して、藤井七段は天守閣美濃。

少し持久戦模様になり、藤井七段が銀冠に組み替えようとしたところで、豊川七段が仕掛けます。

藤井七段vs豊川七段

端が詰められていますし、陣形的にも囲い合いになったら悪くなるので、攻めていくしかないですね。

△3五歩の桂頭攻めに、▲同歩△3二飛▲6八角で受けます。

一歩あれば、△3六歩で桂馬が取れますが、その一歩がないですね。

▲8五歩△同歩▲同銀で取ることもできますが、▲8六歩で追い返してから、▲2六飛で受かります。

なので、桂頭攻めをするのであれば、先に▲8六歩から一歩取ってから仕掛けたと思います。

そうしなかったということは、狙いは桂頭攻めではないでしょうね。

豊川七段は△5五歩▲同歩△4五歩から金を活用していきます。

金が遊んでいたので、遊び駒の活用という意味もありそうです。

スポンサードリンク

藤井七段vs豊川七段

藤井七段は▲7五歩と銀を狙っていきます。

△同銀は▲7六歩で銀が取れます。

△6六銀▲同金△同金▲同飛で、△3三角の王手飛車も見えますが、▲7七角がピッタリですね。

△6六角▲同角が香取りになります。

ということで、△8三銀引。

▲7五銀と藤井七段も盛り上がっていき、お互い玉頭での攻め合いになりました。

藤井七段vs豊川七段

△6六歩の拠点を作っていきます。

▲5五歩△6七歩成▲同金の交換でも、拠点が残らないので、悪くはないですね。

藤井七段は▲5七金とかわして、△4七歩成▲同銀。

ここで手がなく、△5四金と引いて、▲6六金と拠点を払うことに成功します。

ここは無理にでも攻めにいきたい所ですが、ソフトは△6五金推奨でした。

▲同銀△3五飛の十字飛車狙いですね。

その場合、▲4六飛△5五歩▲3七飛成△4一飛成でどうかという展開です。

それでも先手が1000点ぐらい良いとのことです。

藤井七段vs豊川七段

豊川七段はなんとか手を作りにいきます。

▲5七歩に△同角なら▲1五角△3六飛▲3七角成△同飛▲4五桂の両取りの狙いです。

藤井七段は▲2四歩と角が出られないようにします。

△4四角▲5七角△3五飛。

▲同角△同角は飛車取りの先手になるので、あまりやりたくないですね。

なので、▲4六銀と受けましたが、△3七飛成~△4五桂で銀を取ります。

藤井七段vs豊川七段

△5七歩と垂らして、▲同角は△4七成桂で先手を取りつつ迫っていけます。

藤井七段は▲3一飛から成桂を抜いて、受けきりにいきます。

歩成って、△6八銀から角は取れましたが、▲5五桂と角道を塞いで冷静に受けていきます。

△3三桂からなんとか桂馬を活用していきますが、藤井七段は龍が入って、玉頭攻め。

藤井七段vs豊川七段

と金も作って、これはさすがに豊川七段は、どうしようもないですね。

▲7一銀△同角▲同と△同玉と角を取って、▲6四歩で豊川七段の投了となりました。

最近、藤井七段は攻め将棋が多かったですが、受けもかなり強いですよね。

藤井七段の受けの強さが際立った対局だったのではないかと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*