第11回朝日杯 永瀬拓矢七段vs佐藤天彦名人の棋譜!雁木vs左美濃


第11回朝日杯将棋オープン戦本戦の永瀬拓矢七段と佐藤天彦名人が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

永瀬七段が早めに角道を止めて、雁木にしましたね。

それに対して、佐藤名人は左美濃にして、速く攻めていく狙いですね。

佐藤名人vs永瀬七段

雁木は角頭が弱いということで、早繰り銀で、角頭を狙っていきましたね。

ソフトも雁木に早繰り銀を推奨していたので、おそらく一番有力なんじゃないかと思います。

ここで、△7五歩と仕掛けていきました。

▲同歩に△6四銀や△8四銀と出て、吊り上げた歩を取りにいく狙いですね。

先に銀があがってからでもそれほど変わりませんが、先に戦いを起こせるという意味がありますね。

永瀬七段は取らずに▲3七銀と永瀬七段も早繰り銀で攻めにいきました。

△7六歩と取り込んで▲同銀△6四銀▲4六銀。

お互い銀を繰り出しあってどうかですね。

さらに攻めにいくのであれば、△7二飛と回って、上に上げた銀を狙う手もありますが、△5五銀とぶつけて、▲同銀△同角と銀交換。

飛車取りの先手なので、▲4六銀と打ち直して、△3三角と引きました。

佐藤名人だけ銀を手持ちにできたという主張ですね。

ただ、▲3五歩と攻められて、怖いです。

とは言え、△8四飛と浮いて受かるということで、お互い駒組みを進めて、じっくりとした将棋になりました。

ただ、ゆっくりした展開になると雁木のほうが堅いので、雁木のほうが良くなる気がします。

佐藤名人vs永瀬七段

ここで、▲2四歩から飛車先の歩の交換。

歩がなくなったので、▲2五銀と棒銀で攻めにいきましたね。

△4五歩と突いて、飛車の横利きを通して受けました。

スポンサードリンク

ただ、▲3四銀から銀・金交換に成功。

△同飛に▲3五金と手厚く打って、△6四飛▲3四歩と拠点を作ることに成功しました。

佐藤名人vs永瀬七段

桂馬も活用していき、永瀬七段の攻めがつながりそうな感じですね。

佐藤名人の受けもすごいので、そう簡単には攻められず、△4四銀と受けて、▲4五桂に金を取って、金を取り返すことに成功しました。

ただ、桂馬が使えているので、▲3三歩成から一気に攻められて、バラバラに。

佐藤名人vs永瀬七段

金銀の連結が外れて、美濃囲いが崩壊してしまいました。

さらに、▲5五角と攻め立て、△4二金打としっかり金銀を連結させましたが、▲4五桂と角を使って攻めにいきました。

△4四銀上と逃げるしかないですね。

飛車の横利きも止まったので、▲3四銀と玉頭を狙っていきました。

ここからは、永瀬七段が攻め立てて、主導権を握りましたね。

佐藤名人vs永瀬七段

ここで、攻め手がなくなってしまい、△3六歩からと金を作って攻め返しにいきました。

▲3八歩と受けても、△3九角から馬を作って、あんまり意味がなさそうです。

なので、▲6二金と攻めにいきましたが、歩成って、と金で攻められてしまいました。

佐藤名人vs永瀬七段

こうなってしまうと、逆に永瀬七段の方が苦しそうです。

ただ、永瀬七段も受けが強いので、佐藤名人もすぐには攻められずに、すごい展開になりました。

佐藤名人vs永瀬七段

馬を引きつけて、しっかり固めました。

ただ、桂馬がいて玉の逃げ道がないのが辛いですね。

金で払うと金が守りに参加しなくなってしまいますので、取るのも難しいですし。

この桂馬が強すぎます。

佐藤名人は、△3九飛と飛車を下ろして、▲4九歩と大駒は近づけて受けよの手筋ですね。

取らせて、▲5八角と打って、△2九龍と香を取りました。

これで、攻めもないので、△5七桂から一手一手ですね。

佐藤名人vs永瀬七段

ここで受けがないということで、投了となりました。

▲同金は△7九金ですし、▲7九桂と打てば一応受かりますが、△8九金で必至になります。

受け将棋同士の粘りある将棋でしたね。

激しい展開も面白いですが、こういう粘りある将棋も面白いですよね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*