加古川青流戦で藤井聡太四段が都成竜馬四段に勝ち2連勝【棋譜あり】


第7期加古川青流戦にて、藤井聡太四段と都成竜馬四段が対局しました。

これで、3度目となる両者の対局。

いいライバル関係という感じになるのでしょうか。

これから何度も対局することになるでしょうし、意識し合うかもしれないですね。

本局の棋譜はこちらです。


結果から言うと、藤井四段が勝ちました。

これで、2連勝ということになり、31勝目をあげました。

これ、どうなるんでしょうか?

またずっと勝ち続けて、自己最連勝記録をまた塗り替えるなんてこともあるんでしょうか。

さすがにそう簡単じゃないと思いますが、藤井四段ならできるんじゃないかと思える所も怖いですね。

それでは、本局を振り返っていきたいと思います。

スポンサードリンク

序盤

都成四段vs藤井四段

都成四段、またゴキゲン中飛車にしましたね。

藤井四段は居合抜き超速の出だしから、すぐに角道を開けたので、あんまり居合抜きという感じではないですね。

まだ銀も上がっていない状態ですからね。

ただ、藤井四段はこのタイミングが一番いいと思われたんでしょうね。

都成四段が速めに銀を繰り出して攻めに来ようとしていますので。

それを受ける意味もあると思います。

都成四段は棒銀チックに銀を繰り出して、藤井四段は超速2枚銀にして、両方の銀を繰り出して、対抗していきました。

都成四段vs藤井四段

すぐに銀もぶつけてしまって、都成四段は▲5四歩と開戦して、ここからは中盤戦に突入ですね。

中盤

銀交換して、都成四段は飛車先の歩の交換もできて、取りあえずは棒銀が成功した形ですね。

都成四段vs藤井四段

ただ、ここからの藤井四段の構想が面白くて、飛車先を逆襲していくんですよね。

飛車も5筋に回って、飛車先の歩を交換したことをとがめに行きました。

こういう手は、振り飛車では良く見ますが、居飛車でもこういった構想はあるんですね。

面白い将棋になって、見ていて楽しかったです。

都成四段もせっかく切った飛車先の歩を打ちたくはないということで、打たないで何とか頑張って、木村美濃にしました。

都成四段vs藤井四段

こうなると、お互い手がないので、序盤に戻った感じですね。

また駒組みして、仕切り直しになります。

都成四段vs藤井四段

△3三桂と跳ねた所で、これを咎めに行って、戦いになりました。

▲3五歩と突いて△同歩に▲3四歩ですね。

△4五桂と跳ねさせて、▲2五桂と跳ね違えました。

スポンサードリンク

都成四段vs藤井四段

ここからは、お互い玉に迫っていて、終盤戦という感じですね。

手としては都成四段の方が速そうですね。

3四に拠点ができていて、藤井四段はまだ3五に歩がいる状態ですので。

まずは藤井四段の受ける展開ですね。

この局面はどうなんでしょうね。

どっちを持ってみたいかを聞いてみたら、分かれそうな局面ですね。

攻めるのが好きなら先手なんでしょうか。

とは言え、ここから攻め手を考えるのもなかなか難しいですよね。

そういう意味では、後手の方が相手の手に対応して受けていればいいだけなので、分かりやすいかもしれません。

elmoに聞いても、評価値は100点~200点ぐらいですので、全くの互角ですね。

まだまだ難しい将棋だと思います。

終盤

藤井四段は△2四銀と桂頭の銀で受けて、都成四段は▲3三銀からバラしていきました。

玉を引っ張りだして、上から押さえていく感じですね。

下に逃がすと広いので、何とか下に行かせないようにしたい所ですが、飛車が効いてて、なかなかそれも難しいんですよね。

結局、下に逃げられてしまいました。

都成四段vs藤井四段

ここで、△7二飛と逃げ道を広げつつ攻めに行く味のいい一手。

ただ、これがかなり危ない手で、▲6一銀としばられつつ飛車取りの先手を取る都成四段の切り返し。

ここはまさにプロの応酬という感じで、スゴかったです。

△7六飛と走るよりなくて、▲2四角と角出が気持ちいいですね。

8筋方面に逃げれれば絶対捕まりませんが、これでそちらには逃げれなくなりましたので。

△4一玉と落ちるよりなくて、▲3三歩成。

都成四段vs藤井四段

この一手がどうだったかという感じでしょうか。

と金は確かに大きいですが、詰めろじゃありませんし、角道を塞いでしまいましたので、5一玉から逃げる余地も生まれてしまいましたので。

もちろん、今すぐに逃げると▲4三とと王手角取りが入るので逃げれませんが、将来的に逃げられるということですね。

elmoも、▲2四角の局面では、1000点以上の差がついて先手が勝ちという評価でしたが、歩が成ってからは、100ぐらいまで評価が落ちてしまっています。

ちなみに、▲3三歩成に変えて、▲5二歩を推奨していました。

絶対に8筋には逃さないという手ですね。

これで後手が困っていました。

▲3三歩成からは香を3回叩いて、△2五桂と打っていきました。

都成四段vs藤井四段

桂馬なら取られても詰まないということで、安全な攻めですね。

▲4八金右と寄ったり、▲1九飛と回ったりして、まだまだこれからでしたが、時間もないということで、△同銀と取ってしまって、一気に悪くなってしまいました。

△1七金と打って▲5一玉と落としてから、△5一玉と銀を取りに行きつつ、玉を安全な方に逃しました。

もう後手玉に寄る術がないので、ゆっくり攻められて、勝ち目がないですね。

都成四段vs藤井四段

藤井四段は一気に詰ますことが多い印象でしたが、こういったゆっくりした詰まし方もするんですね。

安全に指す指し方もかなり参考になりました。

ただ、都成四段もチャンスはありましたし、勝ってもおかしくなかったんじゃないかと思います。

今の所、3連勝して、藤井四段が勝っていますが、今後どうなるか分からないですね。

いったいどうなるんでしょうね。

これからのこの2人の対局も楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*