順位戦A級7回戦 久保利明王将vs豊島将之八段の棋譜と結果!相振り飛車


第76期順位戦A級7回戦の久保利明王将と豊島将之八段が対局した棋譜です。


久保王将は振り飛車党なので、振ると思いましたが、まさかの豊島八段も振り飛車にして、相振り飛車になりましたね。

豊島八段vs久保王将

豊島八段は向かい飛車にして、久保王将は、四間飛車ですね。

相振り飛車の場合、四間飛車は不利と言われたりもしていますが、どうなんでしょうね。

久保王将が指すぐらいですし、そんなことはないんでしょうね。

ソフトの評価値も20ぐらいで全くの互角でした。

豊島八段vs久保王将

相腰掛け銀にして、豊島八段は美濃囲いにしたのに対して、久保王将は右矢倉ですね。

向かい飛車は居飛車が真逆になっただけなので、矢倉が有力ということなんでしょう。

対し、豊島八段は△2四角。

四手角の逆と考えれば、馴染みのある形ですね。

久保王将も▲6六角と飛車の前に角を設置しました。

豊島八段は△3五歩▲同歩△同角と2筋を狙っていって、久保王将は▲9四歩△同歩▲9三歩△同香と端から攻めていきました。

豊島八段vs久保王将

これで、どっちが速いかですね。

ソフトは、50点ぐらいの全くの互角とのことです。

先に豊島八段が攻めましたが、久保王将が逆に利用して攻め返して、反撃。

スポンサードリンク

豊島八段vs久保王将

両方から攻められて、こうなると久保王将のほうが良さそうですね。

こういう攻め返し方が振り飛車党はうまいイメージがあります。

△8一桂と受けて、▲5五角と出て、成桂に当てつつ、▲9三香成と桂馬を取って、▲7四桂の詰めろ飛車取りの狙いですね。

なので、△8二桂と打って、7四桂を打たせないようにしました。

▲9一銀と桂馬を狙っていって、△8三銀▲9三香成△同歩▲7五桂△7四銀。

豊島八段vs久保王将

▲3七角と成桂を払って、自玉を安全にしました。

△3八成銀で成銀を玉のそばに作ることはできますが、大駒がないので、玉を捕まえるのが難しそうです。

飛車が隠居していて全く使えないのが辛いですよね。

それでもなんとか手を作って攻めるのがさすが豊島八段という感じですね。

豊島八段vs久保王将

こうなると、かなり玉が狭いですし、怖いですよね。

ただ、▲5一銀から攻められて、一気に寄せられてしまいました。

豊島八段vs久保王将

以下、△5一玉▲4三桂△同銀▲6二金△4一玉▲5二金△同銀▲4二成香から寄っていけば詰みですね。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*