朝日杯将棋オープン戦 山本真也六段vs中田功八段の棋譜!コーヤン流袖飛車誕生か?


第13回朝日杯将棋オープン戦一次予選の山本真也六段と中田功八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

中田八段は三間飛車が多いということで、山本六段は早めに▲7八玉と囲いにいきました。

中田八段も三間飛車のように構えていき、5三銀型を速めに作りました。

そこから、袖飛車。

中田八段vs山本六段

四間飛車から袖飛車に振り直すといった指し方はありますが、これなら振り直す必要がなく、直に袖飛車にしていますので、一手速いです。

警戒するなら6八玉で止めておいて、7八玉を保留するといった展開ですが、問題ないと見ていたのか、指さないと見ていたのか、ですね。

ただ、5三銀型で6四銀ですぐに攻めに参加しますので、かなり怖い形ですね。

その分、角頭が弱くなっていますので、3五歩から反撃して、どちらが速いかといった展開になりそうです。

山本六段は▲6八金とあがって、囲いはこれで済まそうということですね。

森安流棒玉!

中田八段vs山本六段

中田八段は△6二玉と右側に囲いにいきました。

通常は飛車と玉は離したほうがいいので、4二玉のほうが自然ですが、右に囲おうということですね。

森安流棒玉穴熊戦法という名前がついていて、奇襲大全という棋書にも載っています。

狙いとしては、ゆっくりしていたら、△7三玉~△8二玉~△9二香~△9一玉と穴熊にしてしまおうという狙いです。

山本六段は▲2四歩とすぐに仕掛けていきます。

銀を捨てて一気に攻め込む

中田八段vs山本六段

スポンサードリンク

中田八段の陣形が悪いということで、▲1五銀△同角▲2三飛成と一気に攻め込みます。

△4五桂と跳ねて、中田八段も反撃していきます。

龍が作れたとはいえ、玉頭が狙われて、先手陣もかなり怖いですし、華々しい展開になりましたね。

7筋の玉頭から反撃

中田八段vs山本六段

桂馬を成り捨てて金を吊り上げ、7筋から攻めていきます。

▲7七歩と受けるのも自然に見えますが、▲6八玉とかわしました。

角道が閉じるのを嫌われたのでしょうか。

ただ、飛車先が直通しますし、桂を渡すと7六桂で角が取られてしまう形なので、かなり傷をかかえた状態ですね。

中田八段はすぐには攻めずに△5二金左と浮いている金をくっつけます。

攻めるのであれば、△2四歩という手もあったみたいです。

龍の道を止めて、△2五飛から飛車を成りこもうという狙いですね。

山本六段は浮いている飛車を狙って、いじめていきます。

飛車の捕獲に成功

中田八段vs山本六段

桂馬を打って、▲6五金で飛車を捕まえます。

中田八段は△7二銀と美濃囲いを作ります。

美濃に入れば、2枚飛車にもある程度は耐えられるので、そこで反撃していくということでしょうね。

山本六段はすぐには取らずに▲8五桂と跳んで、△7四銀▲5四金△同銀と取ります。

中田八段vs山本六段

桂馬が跳んだことで、攻めに参加できた反面、狙われる駒にもなりましたので、どちらが得かは難しいところですね。

▲8六歩と支えますが、△同角と取れる形ですので、支えきれるかどうかですね。

中田八段は見送って、△7一玉と美濃囲いに入ります。

△同角ですと、▲7七銀に角が引けば、▲8六歩ということでしょうね。

ただ、△同角成▲同角△8五銀と二枚替えにする変化はありますね。

ソフトはそれで400点ぐらい後手がいいとのことでした。

2枚飛車+玉頭攻め

中田八段vs山本六段

▲8四桂に△8三銀もすごい受けで、▲6一龍△同金▲同龍が入ると、ほぼ受けなしになってしまいますが、その瞬間、先手玉が詰むということですね。

△7七飛▲同玉△9九角▲8八銀△6五桂▲7八玉△7七金▲同銀△同桂成▲7九玉△8八角成までとなります。

なので、▲7七歩と一度受けたんですが、△8六歩▲同銀△8五歩と叩かれて、これが▲6一龍△同金▲同龍の瞬間詰みとなります。

▲6一龍△同金▲8一金から寄せにいきましたが、△9三玉で寄せはありませんので、中田八段の勝ちとなりました。

投了図以下

中田八段vs山本六段

▲7三銀不成△同玉の局面で、山本六段の投了となりました。

▲6五桂から王手は続きますが、詰みはありません。

先手玉は、△8七銀▲同玉△8六歩▲同玉△8八飛▲8七歩△7五金で詰みとなります。

駒もたくさん渡していて、受けもありませんので、投了やむなしですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*