藤井聡太六段の棋譜と結果!竜王戦5組、阿部隆八段との対局


第31期竜王戦5組ランキング戦の藤井聡太六段と阿部隆八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

阿部八段が角交換を拒否して、藤井六段は左美濃急戦で攻めていく形から、阿部八段がしっかり受けられて、すぐには攻められないということで、雁木に切り替えました。

藤井六段vs阿部八段

阿部八段が先に攻めの形を作って、7筋から攻めにいきました。

△7五歩▲同歩△6四銀と出て、▲7七金と受けました。

△5五歩と位を取りましたが、▲5六歩とすぐに反発して、位を消しました。

そこから、阿部八段は囲いを変形させて上に盛り上げていきました。

藤井六段vs阿部八段

藤井六段は2筋からは攻められないということで、地下鉄飛車にして、端から攻めにいきました。

端の歩を交換して、△1二歩と低く受けて、△2四歩と玉頭から反発していきました。

▲同歩△同金と金をくっつけたいということですね。

後は△1三歩から香も取れれば脅威が減ります。

スポンサードリンク

藤井六段は取らずに▲6五歩と銀を引かせました。

さらに、▲4五歩△同歩と吊り上げて、▲4六歩と合わせました。

△同歩なら▲同銀と銀を前に出して攻めていく狙いですね。

そうなると受けられなくなってしまうので、△2五歩と取り込みました。

そこから藤井六段の歩の手筋で攻めていきました。

藤井六段vs阿部八段

まずは、焦点の歩ですね。

この歩一枚で、飛車・角の利きを止めることができます。

△同角と角で取りましたね。

飛車の横利きより角の利きのほうが重要なので、この一手でしょう。

▲6五歩と合わせて、△同歩▲同金と盤面を制圧していく狙いですね。

取らずに△2六歩と伸ばして、と金を作りにいきました。

▲6四歩と取り込んで、次に歩成り飛車角取りになるので、△7三飛と浮いて受けました。

▲3六歩と3筋にも合わせていき、阿部八段はと金を作りました。

その後、藤井六段もと金を作り、藤井六段のと金の方が阿部八段の玉に近いので、藤井六段のと金の方が強いですね。

ということで、阿部八段は飛車を押さえ込んで、受けました。

藤井六段vs阿部八段

ただ、▲2二歩成から金を取って、▲1一香成としました。

△同玉は囲いから玉が遠ざかって怖いですね。

歩も打てないので、▲2六香などでしばられても苦しいです。

ということで、取りませんでしたが、▲2四歩△同金▲2七香と攻めていきました。

さらに、▲6三金から角を取って、受けがほぼないですね。

藤井六段vs阿部八段

▲3五角と切って、阿部八段の投了となりました。

△同金▲同飛は玉が逃げられなくなりますし、飛車を止めても、▲2五香や▲2五飛と回る手もあるので、受けられないですね。

藤井六段の歩の手筋がかなり参考になる将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*