金井恒太六段と高見泰地六段の成績とレーティング!叡王戦第2局の中継と日程


第3期叡王戦 決勝七番勝負 第2局の金井恒太六段と高見泰地六段の対局が行われます。

第1局は、横歩取りになり、高見六段の勝利となりました。

次は高見六段の先手で金井六段の後手となります。

後手で勝てた分、高見六段が若干有利でしょうか。

先手が有利と言われていますので、不利な後手で勝てたのは大きいと思います。

とは言え、始まったばかりですし、まだまだ分からないですね。

スポンサードリンク

成績とレーティング

金井恒太六段

レーティング:1562
順位:77位
成績:209勝166敗(勝率:55.7%)

<戦型選択>

居飛車:90.0%
 矢倉:15.0%
 角換わり:15.0%
 横歩取り:15.0%
 相掛かり:15.0%
 力戦:10.0%
 対抗系:20.0%

振り飛車:10.0%
 三間飛車:5.0%
 相振り飛車:5.0%

高見泰地六段

レーティング:1722
順位:24位
成績:158勝100敗(61.2%)

<戦型選択>

居飛車:95.3%
 矢倉:16.3%
 角換わり:2.3%
 横歩取り:32.6%
 相掛かり:4.7%
 力戦:16.3%
 対抗系:23.3%

スポンサードリンク

振り飛車:2.3%
 中飛車:2.3%

その他:2.3%

日程

叡王戦第2局は、2018年4月28日(土)9時から行われます。

持ち時間は各5時間で、持ち時間を使い切ると1分の秒読みとなります。

中継

中継は、ニコニコ生放送にて行われます。

解説は、渡辺明棋王で、聞き手は村田智穂女流二段です。

戦型予想

第1局は横歩取りでしたので、第2局は角換わりか矢倉になるでしょうか。

高見六段は矢倉のほうが得意なので、矢倉にするかもしれないですね。

問題は金井六段が乗るかどうかですね。

お互い合わせないと矢倉にはならないので、難しい所ですよね。

第1局は横歩取りの激しい展開になり、手数的には短く終わってしまいましたが、かなり熱い展開でしたし、第2局も面白い将棋が見られると思いますし、楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*