棋聖戦第4局 豊島将之棋聖vs渡辺明二冠の棋譜速報!雁木vs左美濃急戦


第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の豊島将之棋聖vs渡辺明二冠の第4局です。



スポンサードリンク

角換わり模様から渡辺二冠は雁木にしましたね。

それに対して豊島棋聖は左美濃急戦にしました。

飛車先は受けない

豊島棋聖vs渡辺二冠

雁木に対しては▲7七角と飛車先を受けることも多いですが、豊島棋聖は受けずに▲5六銀とあがりました。

飛車先を交換している間に攻め潰してしまおうという狙いですね。

なので、渡辺二冠も8六歩は突かずに△5四歩から駒組みを進めます。

いきなり▲4五歩と仕掛けていくのもあったでしょうか。

△同歩▲2二角成△同金となれば壁金の悪形にすることができます。

ただ、左美濃は角交換に弱いですので、そこがどうかですね。

豊島二冠は▲5八金右と左美濃を完成させます。

攻撃的な6六角

豊島棋聖vs渡辺二冠

豊島棋聖は7七角ではなく、▲6六角とあがりましたね。

角交換になったときに小瓶を狙われる心配がなくなりますし、7七桂から桂馬も攻めに活用しようという狙いもありそうです。

また、飛車先交換すると、8四歩と上から押さえられる可能性もありますので、飛車先を交換するのもやりにくいですね。

△3一玉▲4五歩と開戦していきます。

△同歩なら▲3五歩△同歩▲4五桂といった感じでしょうか。

このときに△6六角▲同歩と形良く取れるということですね。

渡辺二冠は△4二金右と固めます。

▲4四歩△同銀右▲2四歩△同歩▲2五歩の継ぎ歩。

△同歩▲同桂で桂馬を活用できます。

桂馬は活用されたくないということで、△5五歩▲2四歩△2二歩で我慢しました。

銀取りをどうするか

豊島棋聖vs渡辺二冠

へこませることには成功しましたが、銀取りが残っているので、どうするかですね。

自然なのは▲6五銀か▲4七銀でしょうか。

4七銀はあがった銀が下がるので、手損にはなってしまいますが、4六銀と立て直して、角頭を狙えますので、悪くはないですね。

手損を気にするのであれば、6五銀ですが、次の狙いがないので、方針が難しそうです。

豊島棋聖は▲4五歩と銀交換に持ち込んで、積極的にいきましたね。

さばけるか、押さえ込めるか

豊島棋聖vs渡辺二冠

スポンサードリンク

渡辺二冠はなんとか押し返して、豊島棋聖にさばかせないことが大事ですね。

飛車交換とかになってしまうと、6一飛ですぐに角が取られてしまいますし、玉も逃げられませんので、かなり苦しくなります。

ということで、豊島棋聖は▲2五飛と浮いて、8五飛から飛車をさばきにいきます。

△7三桂と受けて、▲7五歩と桂頭を狙っていきます。

飛車交換はしてもらえませんので、桂頭を攻めていくのが狙いだったということでしょうね。

渡辺二冠は△8六歩と攻めて、▲7四歩から激しい攻め合いになりました。

どこで攻めるべきか?

豊島棋聖vs渡辺二冠

渡辺二冠は龍が成りこんで、歩で攻めていきます。

豊島棋聖は受けていてもキリがありませんので、どこかで攻める必要がありますが、それがどこかですね。

ソフトはこのタイミングがいいようで、▲8一飛成で700点ぐらい先手がいいとのことでした。

銀は取られてしまいますが、重い形で攻めが遅いということですね。

反対に渡辺二冠の玉は壁形で逃げられませんので、と金で寄っていって間に合うようです。

ただ、実践的には▲7八銀が自然ですね。

8九歩成ができませんし、飛車成りは確定していますので。

この一手は入れたいです。

△5三角と角が逃げつつ活用して、▲8一飛成△4一香▲6三と△9七角成と進みます。

細い攻めをつなぐ手

豊島棋聖vs渡辺二冠

渡辺二冠は持ち駒がなくて、攻めが難しそうに見えますが、こういう細い攻めをつなぐのが非常にうまいですからね。

この次の一手がさすがの一手で、△9八龍と引きましたね。

次に△8九歩成と、と金を作れるようにしました。

なので、▲9九歩△同龍と豊島棋聖は一歩で一手稼ぎます。

この一手は非常に大きく見えますが、渡辺二冠にとっては、この一歩が大きいと見ていたわけですね。

歩もほとんど打つところはないですが、△6八歩成▲同銀△8九龍と寄れるようにして、6八歩を狙っていきました。

▲5七銀と引けば受かりましたが、少し軽視したでしょうか。

▲9五角と攻めにいきました。

玉は包み込むように寄せよ

豊島棋聖vs渡辺二冠

玉は包み込むように寄せよという格言通り、龍と馬で挟み撃ちにして逃げられないようにします。

ただ、豊島棋聖の粘りもすごくて、▲8八金△7九銀▲5七玉△8八龍▲同龍△同銀成と龍交換に持ち込みます。

8八銀成と銀で取りたいところですが、その場合は▲5一角成から先手が勝ちになります。

最後の最後まで豊島棋聖も勝負をつらぬきますので、気が抜けないですね。

ただ、渡辺二冠はしっかり読み切って、勝ちをもぎ取りました。

投了図以下

豊島棋聖vs渡辺二冠

ここで、豊島棋聖の投了となりました。

即詰みはないですが、▲4七玉△5七金▲4六玉△5八金で金を取れば受けが効きません。

▲同銀なら△3七角成▲同玉△2五桂▲4六玉△4八飛成▲4七金△4五金までとなります。

これで、渡辺二冠が棋聖を奪取して、三冠になりましたね。

ホントに最強同士といった感じで、どの将棋も内容の濃い将棋で、楽しかったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*