叡王戦 藤井聡太四段vs杉本和陽四段の棋譜速報と結果!ノーマル三間飛車vs居飛車急戦


第3期叡王戦四段予選の藤井聡太四段と杉本和陽四段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

杉本四段は、ノーマル三間飛車にしましたね。

中田七段のときには、穴熊にしていましたが今回は急戦でいきました。

藤井四段vs杉本四段

ここで、▲2四歩と突き捨てていきました。

△同歩も△同角もあると思いますが、杉本四段は△同角としましたね。

おそらくどちらで取っても、▲4五歩と仕掛けていったのではないかと思います。

4五歩を△同歩ですと、▲1一角成が入りますので、歩は取れないですね。

△4二飛とまわって、▲3五歩と3筋も突き捨てていきました。

△同歩もあったと思いますが、▲3二金とあがって、2筋に足しましたね。

このままですと角が動くと飛車が成られてしまいますので、角の負担を減らす意味もあります。

▲4四歩と取り込んで、△同銀に▲4五歩と打って、△5五銀▲同銀△同歩▲同角と銀をさばくことに成功しました。

藤井四段vs杉本四段

スポンサードリンク

△4五飛と攻め合うのは少し無理そうですね。

居飛車側だけ桂香ひろえて、振り飛車は龍ができても、取れる駒がありませんので。

なので、△3三角と合わせて、角をさばこうとしましたが、▲4四銀と打って、角はさばかせないようにしましたね。

杉本四段の反撃の香打ち

藤井四段vs杉本四段

この香打ちはよくある手筋ですね。

玉を退かせば、金のヒモが外れますので、3九や4九に龍がいた場合、金を取ることができます。

この場合の狙いは、△8七香成▲同玉△8五飛の十字飛車ですね。

藤井四段は構わず▲5一とと攻めにいって、△同金▲同龍と金を一枚はがすことに成功しました。

そこで、△8七香成と反撃に出ましたが、▲6八玉と寄って問題ないという判断ですね。

藤井四段vs杉本四段

かなり危ない状況になりましたが、▲8八香と守りつつ攻めにも効かせる一手。

△8七銀打と2枚替えして、杉本四段が一気に攻め込んでいきました。

藤井四段vs杉本四段

かなり怖い状況ですが、持ち駒がありませんので、攻めが続きませんでした。

あと一枚金駒があれば詰みますが、こういうギリギリの受けは藤井四段、かなり得意ですよね。

藤井四段vs杉本四段

ここで杉本四段の投了となりました。

詰みがあるわけではありませんが、受けても一手一手ですし、角一枚だと攻められないということで、投了やむなしですね。

ノーマル三間飛車に対しては、腰掛け銀にして、4五歩早仕掛けのように攻めていくのがいいんですね。

ノーマル三間飛車にどうせめていいのか良く分からなかったんですが、これはかなり参考になる一局ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*