第1回AbemaTVトーナメント予選|藤井聡太七段vs橋本崇載八段の棋譜と結果!早繰り銀vs雁木


第1回AbemaTVトーナメント予選の藤井聡太七段と橋本崇載八段の棋譜です。



スポンサードリンク

橋本八段は雁木にしました。

それに対して、藤井七段は早繰り銀で攻めていきます。

藤井七段vs橋本八段

▲3五歩と突いていって、△同歩は▲4六銀で吊り上げた3五の歩を狙っていきます。

取られないように△3六歩と伸ばして、▲3五銀は△3七歩成▲同桂▲3六歩があるので、▲2六飛と浮いてから、▲3五銀と攻めていきます。

なので、△7五歩と橋本八段も攻め返します。

▲同歩なら△3五歩▲4六銀に△7二飛で受かります。

▲3五銀は△7五飛の王手銀取りが決まります。

▲3四歩△同銀▲7五歩△7二飛と進みます。

お互いあまり守らずに激しい攻め合いとなりました。

藤井七段vs橋本八段

銀を繰り出しあって、殴り合いですね。

スポンサードリンク

一気に攻めるのであれば、▲3八飛△4三銀▲3四歩△2二角▲3五銀といった展開になります。

それでも、藤井七段が300点ぐらいいいとのことです。

藤井七段はすぐには攻めずに▲6九玉と引いて、玉を安全な所に逃しました。

△7五銀に▲3八飛から先ほどの展開。

ただ▲3五銀とはせず、▲5五歩~▲2四歩と突き捨てて、▲5八飛と周ります。

藤井七段vs橋本八段

銀をさばいて一気に攻め込んでいきます。

橋本八段もここまで来たら引けないと△8七銀不成と攻め合い。

ただこれが悪いとのことで、▲5三飛成で一気に藤井七段に傾きました。

△4二銀と一度受けて、互角の展開だったようです。

玉頭というのもありますし、金取りに当たっているというのも大きそうですね。

△7八歩▲同金として、△8八銀成▲同銀△1四角と打って、金取りを受けつつ玉をにらみます。

藤井七段vs橋本八段

玉頭に銀を打たれて、逃げられないので、かなり苦しいですね。

龍を取れば、▲3二金で詰みなので、△同金としましたが、▲3二銀打△5一玉▲5二銀成△同飛▲6二金までの詰みとなりました。

△同飛の場合は、▲同龍△同金▲6一飛△5一銀▲3二銀までとなります。

受けるのであれば、△4七角成▲5八金△同馬という手はあったようです。

▲同玉は△7八飛成から紛れるので、▲同龍と龍を下げられることに成功します。

そこで、△3二銀と受けといてどうかという感じみたいです。

それでも、4500点ぐらい藤井七段が良く、勝勢は揺るがないですね。

早指しとはいえ、橋本八段を圧倒しましたね。

これで、本戦トーナメント進出となりました。

どこまで勝ち上がっていくでしょうか。

ものすごい早指しですし、どうなるかかなり楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*