豊島将之八段vs羽生善治棋聖【棋聖戦第3局】の棋譜と結果!棒銀vs袖飛車


第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の豊島将之八段と羽生善治棋聖の対局の第3局です。



スポンサードリンク

羽生棋聖は袖飛車にしましたね。

これはさすがに、豊島八段も予想していなかったのではないでしょうか。

豊島八段は棒銀で対応しました。

羽生棋聖vs豊島八段

棒銀に対して、こういう切り返しがあるんですね。

飛車が効いていて3四銀は出れませんし、▲2四歩は銀を取られてしまいます。

ということで、▲3六銀と引くしかないですね。

△1三角▲1六歩△5二玉。

▲1五歩は△同歩▲同香△6八角成▲同玉△1五香で角と銀・香の2枚替えになってしまいます。

ということで、▲5八金と固めます。

羽生棋聖vs豊島八段

飛車が走ってきたタイミングで、▲1五歩を仕掛けました。

△同歩▲同香は、やはり角成から香が取られるので、▲7七銀と飛車にあてつつ銀が避けます。

△5六飛▲1五香と走って、△3五歩と銀を狙っていきます。

▲1三香不成△3六歩▲1一香成で2枚替えにできますね。

その場合、△3七歩成▲同桂△3六歩と桂馬を狙われて、▲5七香△3七歩成▲5六香△2八と、という展開になり、飛車を取り合ってどうかですね。

かなり激しい変化になります。

豊島八段は▲5七歩△5四飛として、▲1三香成。

スポンサードリンク

今度は成ったほうがいいですね。

飛車が下がったので、△1四飛が生まれますので。

羽生棋聖vs豊島八段

豊島八段は飛車を狙っていき、羽生棋聖は飛車をぶつけます。

▲2五歩は△2三飛であまり意味がありませんので、▲同飛△同金と飛車交換に応じます。

▲2一飛とすぐに下ろして、△7七歩▲同角の形にして、△4二銀打▲2四飛成。

△7五香と上にあげた角を狙っていき、▲3四桂と攻め合い。

羽生棋聖vs豊島八段

こういう歩がいやらしいですね。

▲同玉は△7七歩でしょうね。

▲同桂△同桂成▲同金なら△8五桂とさらに攻め立てていけます。

豊島八段は▲6六角と桂馬を受けつつ攻防の角。

△3七角と打って、放っておけば、△7九歩成▲同玉△5九角成という攻め筋ですね。

▲4二桂成△同銀▲6八銀打と受けました。

▲4八銀打の両取りも見えますが、△同角成▲同金△7九歩成で、王手をかけていって、銀が取られます。

羽生棋聖vs豊島八段

ギリギリの攻防が続いて、豊島八段は▲6六金打としっかり受けます。

たんに▲6六金と寄ると、△6五桂が気になったのでしょうか。

その場合、▲2四角と出てそこまで問題はないですが、豊島八段らしいしっかりとした受けですね。

羽生棋聖vs豊島八段

▲7二成桂や▲3四桂と迫っていく手もありましたが、▲7八歩と安全に羽生棋聖の攻め手をなくしていきます。

△7四歩から金を取って、▲2五馬とぶつけて、馬と龍の交換。

▲6一角△同玉▲4二角成と必至ですね。

羽生棋聖はなんとか王手をかけていきましたが、寄りませんでした。

羽生棋聖vs豊島八段

ここで、羽生棋聖の投了となりました。

豊島八段の棋風が存分に発揮された将棋だったのではないでしょうか。

力戦だからこそ、棋風が出るというのもありますよね。

かなり見ごたえのある面白い将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*