魂の七番勝負第1局 佐々木大地四段と屋敷伸之九段の結果と棋譜!相掛かり戦


AbemaTVオリジナル企画第2弾「魂の七番勝負 若手vsトップ棋士」が始まりました。

初戦は、佐々木大地四段と屋敷伸之九段です。

さっそく棋譜の方を見ていきたいと思います。



スポンサードリンク

本局は相掛かり戦になりましたね。

佐々木四段vs屋敷九段

お互い桂馬を使っていこうということで、桂馬を繰り出していますね。

最近は速く攻めるために、桂馬を活用していくのが多いですよね。

桂馬1つ飛べるので速いには速いですが、一度飛んだら戻れないので、難しいですよね。

プロはその辺も考えているので、問題ないんだと思いますが。

どう活用していくのかというのは気になりました。

屋敷九段はすぐにとがめにいって、△3五歩と桂頭を狙っていきました。

▲同歩なら△3六歩と桂馬を狙っていくのでしょう。

4五は飛車で取られてしまいますので、▲2五桂と跳ねるしかないんですが、2五は使い道が制限されますし、飛車道も止めることになるので、行きたくないですね。

ということで、▲2二角成△同銀と角交換して、▲7七桂と両方の桂馬を活用して、飛車を退かしにいきましたね。

横は△5五飛しかありませんが、▲6六角と打たれて、マズそうです。

スポンサードリンク

△5四飛とぶつけても、▲同飛△同歩▲4五桂と跳ねられて、玉頭に桂馬が効いてくるのが怖いです。

なので、△8一飛と引く一手ですね。

それでも、▲6六角と打っていって、次に2二角成△同金▲同飛成で2枚替えで龍が作られてしまいますので、△3三角と角を合わせて受けました。

▲3四飛と寄って、▲4五桂から角を退かして金を取って龍を作る狙いですね。

横歩取り佐々木流みたいな感じですね。

△2三銀と上がってうけて、▲7四飛とまわりましたね。

横歩取りのような激しい攻め合い

ここからホントに激しくなりまして、横歩取りと同じような感じになりましたね。

この陣形自体、横歩取りで良く見られるような陣形ですし。

ホントに攻め将棋と攻め将棋のぶつかり合いみたいな感じですね。

佐々木四段vs屋敷九段

佐々木四段はと金を作ってと金で攻めていきました。

△同金に▲3四飛と銀を取るということですね。

なので、△5四金と逃げたんですが、▲同飛と切って、△同歩に▲1一角成と馬を作りました。

次に▲4四馬と引っ張って、王手銀取りがありますので、△3三歩と受けて、▲2一馬と桂馬も取れました。

屋敷九段は△3九飛と打って攻め返しにいきました。

▲5四馬と引っ張って、△8四飛と浮いて馬に当てました。▲5五香とヒモをつけつつ、5三馬までの詰めろですね。

△7一玉と逃げて、▲5三馬△8一玉と逃げました。

▲5二ととと金を活用し、△同金に▲7五馬と引いたんですね。

佐々木四段vs屋敷九段

飛車取りにあてつつ香で金を取りにあてました。

△8三飛と逃げましたが、▲5二香成と上と右から玉を迫っていきました。

後は一手一手で、屋敷九段も何もできませんでした。

佐々木四段vs屋敷九段

投了図以下は、△8一玉▲7二金までですね。

ホントに矛vs矛という感じで、激しいぶつかり合いが見れて楽しかったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*