棋聖戦第3局 渡辺明二冠vs豊島将之棋聖の棋譜速報!矢倉vs雁木


第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の渡辺明二冠vs豊島将之棋聖の第3局です。


スポンサードリンク

渡辺二冠は矢倉にして、豊島棋聖は雁木にしましたね。

新旧対決という感じで、渡辺二冠はガチガチのしっかり組んだ昔ながらの矢倉で、豊島棋聖は6二金8一飛型の最新のバランス型にしました。

渡辺二冠vs豊島棋聖

豊島棋聖は△6五歩と突いて、角道を通しました。

▲同歩は△同桂で銀が取られてしまいますので、▲同歩はないですね。

▲1五歩と端の位を取って、△5二玉と中住まいにします。

端から仕掛ける

渡辺二冠vs豊島棋聖

豊島棋聖は△9五歩▲同香△9六歩と端から仕掛けていきます。

▲同香もありますし、他の手も考えられますね。

△9五香と走られても、▲9八歩で受かりますので。

香が上がると、守備力が落ちてしまいますし、狙われやすくなりますので、他の手を指すのも十分あったと思います。

渡辺二冠は堂々と▲同香と取ります。

攻めるのであれば、△8六歩▲同歩△同角ですね。

▲同銀なら△同飛で香取りが受けにくいです。

▲8七角と打ってくれるのであれば、角が攻めに使えませんし、駒損でも悪くないですね。

スポンサードリンク

ただ、豊島棋聖はじっと△4一玉と引いて、▲8八玉と渡辺二冠も8六歩の筋を受けます。

垂れ歩の反撃

渡辺二冠vs豊島棋聖

金桂交換で駒損になりましたが、▲6四歩と垂れ歩で反撃していきます。

次に▲6三歩成△同金▲5五桂が入ると、駒損がなくなります。

なので、△5五歩と受けましたね。

そこで、▲6八飛と周って6筋突破を目指していきます。

ベストなタイミングで手筋の歩

渡辺二冠vs豊島棋聖

このタイミングで▲2二歩がベストタイミングですね。

ただ、豊島棋聖の歩切れも解消してしまいますので、一気に攻め込んでしまおうということですね。

実際も△同金に▲5四桂△同銀▲6三銀と攻めていきます。

踏み込んで最後の逆転を狙う

渡辺二冠vs豊島棋聖

▲6四歩に△同歩と取ってもジリ貧ということで、△8六歩と取り込んで、逆転を狙いにいきましたね。

▲6三歩成に△8七歩成▲同金△8六歩とさらに叩いて、▲同金から2枚替えですね。

ただ、それ以上続かないということで、投了となりました。

投了図以下

渡辺二冠vs豊島棋聖

ここで、豊島棋聖の投了となりました。

先手玉もかなり薄いですが、金銀だけでは寄らないですね。

後手玉も詰めろというわけではないですが、と金で攻められて、寄ってしまいますので、投了やむなしですね。

これで、渡辺二冠の2勝になり、棋聖に王手となりました。

渡辺二冠が有利なのは間違いないですが、豊島棋聖ですからね。

まだまだどうなるか分からないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*