第65期王座戦第二局 羽生善治王座vs中村太地六段の棋譜速報!相掛かりタテ歩取り


第65期王座戦五番勝負第二局、羽生善治王座と中村太地六段の棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は相掛かりになりましたね。

羽生王座vs中村六段

飛車先の歩を交換して、△8四飛と引くことで、羽生王座には飛車先交換させないようにして、交換したのを主張しようという狙いですね。

羽生王座は、▲3六歩。

銀や桂馬を使っていくのと、△3四歩~△3五歩と突いて、ひねり飛車にされるのを防いだ意味もありますね。

そこから、▲7六歩と角道を開けて、△7四飛とタテ歩取りと呼ばれる指し方ですね。

羽生王座vs中村六段

本来なら、△3五歩まで突いて、△3四飛と回りたいんですが、それは防がれているので、▲7七金とあがって、△8四飛と戻るしかないですね。

取りあえず、形を悪くして満足という感じでしょうか。

そこから囲い合って、羽生王座も飛車先交換しました。

羽生王座vs中村六段

どこかしらで歩は突くしかありませんので、ずっと飛車先交換を許さないというのは難しいですよね。

ただ、駒組みを進めてからなので、すぐに攻めさせないようにはできましたね。

格言通りのとがめ合い

ここから、羽生王座は腰掛け銀にしまして、中村六段は歩越し銀には歩で対抗と5筋の歩を突いていきましたね。

羽生王座vs中村六段

ここで、▲2二角成△同銀と角交換していきましたね。

角交換に5筋の歩を突くなに反しているからという意味もありそうです。

▲4六角と据えて、△6四角と合わせるんですが、取ってからまた▲4六角。

とにかくここに角を置いておきたいということですね。

そこから、▲7七銀と壁銀の形を解消して、6筋の位に反発していきました。

羽生王座vs中村六段

△同歩と取らせてから、▲6五歩と打っていきましたね。

△同桂は▲6六銀とされて、桂馬が取られてしまいますし、△同銀は▲同銀△同桂▲6六銀とされて、やっぱり桂馬が取られてしまいそうです。

△6四歩と支えても▲6五銀△同歩▲9一角成が入ってしまいます。


ということで、△5三銀と引いて、▲6六銀と位を外して、逆に位を取ることに成功しました。

そこで、△9五歩と端から手をかけて、▲同歩に△9七歩と垂らしました。

羽生王座vs中村六段

スポンサードリンク

▲同香は△9八角が厳しいですし、▲同桂は△9六歩が厳しいですね。

ということで、▲7七銀と引いて、陣形を整えました。

そこから香交換が行われましたが、少しゆっくりとした展開になりました。

合わせの歩から開戦

羽生王座vs中村六段

▲4五歩と合わせていって、開戦ですね。

△同歩なら▲同桂が銀に当たってくるのが大きいですね。

△4四銀と逃げるしかなくて、▲4三歩と叩いていくんでしょうか。

△同銀なら▲5三桂成として、△同金は角が成れるので、△同銀なんですが、▲7三角成と切っていって、△同金に▲4三飛成ですね。


ここまで決まれば寄り形ですね。

なので、▲4五歩は取れずに△3二金と戻って、壁金を解消しました。

▲4四歩と取り込んで、△同銀として、銀を浮かすことに成功しました。

▲7三角成△同金▲4四飛と2枚替えの筋も出てきましたね。

本譜もその筋でいくんですが、その前に▲2二歩と味付け。

elmoによると▲2四歩と打つことで、今後の△2六角の筋を消せたようです。

▲2四歩の展開はこんな感じです。


もし、△2六角を打ったときの展開ですね。△2六角に代えて△4三歩とおさめて互角の展開のようです。

こちらの方がもしかしたら、分かりやすかったかもしれないですね。

ただ、▲2二歩も悪手というわけではありませんし、自然な一手です。

ここからも難解な局面が続いて、互角の展開でした。

難解過ぎる終盤戦

終盤でも、どちらが勝っているのか良く分からないような難しい将棋でした。

羽生王座vs中村六段

この△6六桂を手抜いてしまったのが痛かったみたいです。

▲4八金と馬に当てつつ逃げて、馬が逃げたら△7二龍と金を取っておいてまだまだ難しかったようです。

とは言え、▲4八金は飛車が使えなくなるので、やりたくない一手ではありますよね。

もう飛車は守りに使って、龍だけで十分ということなのかもしれませんが…

難しいですね。

△5八桂成からは一気に悪くなってしまって、逆転は難しかったですね。

羽生王座vs中村六段

もう逃げ道はありませんので、受けは効かないですね。

ということで、投了やむなしですね。

第1局に引き続き、すごい将棋になりましたね。

ただ、羽生王座はもう後がありません。

このまま中村六段が王座の座を取るのか、それとも羽生王座が粘るのかすごい楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*