折田翔吾アマ(アゲアゲ)vs佐藤天彦銀河 銀河戦決勝トーナメント1回戦の棋譜速報!


銀河戦決勝トーナメント1回戦の将棋ユーチューバーのアゲアゲさんこと折田翔吾アマと佐藤天彦銀河が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

アゲアゲさん、いきなり佐藤天彦銀河との対局ですね。

中継後に、この対局をライブで振り返られていました。

それでは、本局を見ていきたいと思います。

本局は相掛かりになりました。

アゲアゲさんは銀河戦では、極限早繰り銀のような戦法が多かったですが、本局は腰掛け銀でしたね。

少し前に腰掛け銀にハマっていると話していましたので、かなり研究されているんだと思います。

それに対して、佐藤銀河も腰掛け銀で、相腰掛け銀になりました。

アゲアゲさんが積極的に動く

佐藤銀河vsアゲアゲ

△7四歩に対して、▲4五銀と銀をぶつけていきます。

銀が逃げると3四銀と歩が取られてしまいますので、△同銀▲同歩までは進みますね。

△5二金に▲4四歩△同歩▲2五銀と打っていきます。

それに対して、△3三銀と佐藤銀河も銀を打って、しっかり受けます。

佐藤銀河は受けが強いですし、簡単には崩れないですね。

スポンサードリンク

端から行くべきだったとアゲアゲさん

佐藤銀河vsアゲアゲ

ここで、▲1六歩と端から攻めるべきだったとライブで話していましたね。

△同歩なら▲1四歩で端が破れそうです。

3筋方面は金銀がしっかり守っていますが、端は薄いですし、位も取ってきたので、反発もしやすそうです。

ソフトも▲1六歩で600点ぐらいアゲアゲさんが良いという評価値でした。

本局は▲3五歩△同歩▲4五歩と仕掛けていきます。

4四歩の軽視

佐藤銀河vsアゲアゲ

桂馬が跳ねて銀取りにしましたが、佐藤銀河は強気に△4四歩。

これを軽視していたとライブで話していましたね。

銀は取れますが、△3三同桂が再び銀に当たりますので、駒損にはならなそうです。

ということで、▲7二銀△8二飛▲8一銀成△同飛と無理やり桂馬を取りにいきます。

▲3四桂△1三角▲1四銀で銀を助けます。

▲7二銀に代えて、▲2四歩も見えますが、勢いが弱くて、流れが佐藤銀河に行ってしまいそうだからとのことでした。

ただ、少し切れ模様で、佐藤銀河が受け切る展開になりました。

佐藤銀河の反撃

佐藤銀河vsアゲアゲ

しっかり受けて、アゲアゲさんに攻めさせないようにしてから、△4七歩成と反撃していきます。

▲5九角△7三銀▲同馬△3六桂と打っていきます。

これで、飛車が逃げると、△4八とで角が捕まる形になりました。

退路封鎖の手筋

佐藤銀河vsアゲアゲ

△9七角が寄せの手筋で、▲同香と吊り上げることで、逃げ道をなくします。

かなり参考になる手ですが、なかなか見えにくい手ですね。

逃げても合駒しても詰みで、アゲアゲさんは素直に▲同香として、△8九金で投了となりました。

投了図以下

佐藤銀河vsアゲアゲ

ここで、アゲアゲさんの投了ですね。

送りの手筋で、▲同玉△6九龍▲7九銀△7八金▲9八玉△8九銀▲9九玉△9八飛までですね。

▲7八玉と逃げても△7九飛▲同金△同龍までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*