羽生善治棋聖vs渡辺明竜王の竜王戦七番勝負第1局!棋譜・結果速報


第30期竜王戦が始まりましたね。

羽生棋聖の永世7冠なるか? ということで、注目の一番ですね。

その第1局の棋譜はこちらです。



スポンサードリンク

本局は相掛かりになりましたね。

いつ飛車先交換するか? 飛車先交換した後で飛車をどこに引くか? というのが一つポイントになってくるかと思います。

羽生棋聖vs渡辺竜王

先に渡辺竜王が飛車先交換して、8四に引きましたね。

それに対して、羽生棋聖は、8五に引きました。

お互い浮き飛車にして、良くある形ですね。

△6四歩~△6三銀と渡辺竜王がしたときに、▲2四歩と合わせて、横歩を取りにいきました。

羽生棋聖vs渡辺竜王

今度は横歩取り青野流のような形になりましたね。

飛車が浮いたままですと、▲4五桂で角を退かして金が取れるので決まるんですが、飛車の横が効いているので、桂馬跳ねてもうまくいかないですかね。

それでも、elmoは▲4五桂を推奨していますが、評価値は50ぐらいで全くの互角です。

羽生棋聖は、▲3五飛と引いて、もう一度立て直しに行きました。

一歩取れたので、満足という感じでしょうか。

とは言え、端歩を突き捨てているので、歩の損得はありませんが。

スポンサードリンク

羽生棋聖vs渡辺竜王

▲2五歩と合わせて、△同歩なら▲同桂とするんだと思います。

桂馬を活用されるのは困るということで、△1六歩から一気に攻め合いになりました。

ここからかなり激しい展開になりまして、お互いほとんど守らずに一直線に攻めていきましたね。

羽生棋聖vs渡辺竜王

羽生棋聖のほうが陣形がしっかりしているので、羽生棋聖の方を持ってみたいですが、elmoによると、後手が+100点ぐらいでほぼ互角のようです。

これが受けきれるのと、2八とが速いということなんでしょうね。

次に8三銀から飛車を取られると、さすがに勝てないので、△7四角と受けましたね。

▲5五銀と合わせて、△同銀▲同馬と馬を呼び寄せました。

渡辺竜王は感想戦で、この△同銀が敗着みたいなことを言っていましたが、elmoによるとそうではないみたいです。

△2八とから十分勝負になると言っています。

▲6四馬に対しては、△6三銀というすごい手を言っています。

敵の打ちたいところに打てではあるんですが、桂馬が効いていてタダですからね。

さすがに打てないです。

ただ、▲同桂成△同角が次の手がないといえばないんですかね。

ということで、elmoによると敗着は△3八ととのことでした。

▲6三銀を決められてマズいと言っていますね。

羽生棋聖vs渡辺竜王

後は、渡辺竜王が飛車打って攻めましたが、ほとんど形作りみたいな感じになってしまいました。

ほっといても飛車取って詰みですし、△1三飛と払っても、▲2一金で詰みですね。

△2一金にも、▲1二歩成△同金▲2一飛までと、なにしても受からないので、必至です。

第1局目からすごい激しい展開になりましたね。

羽生棋聖が全力で竜王の座を取りにいっているのが伺える将棋でした。

これは、永世七冠が見えてきたかもしれないですね。

とは言え、渡辺竜王も何度も竜王の座に座り続けていますからね。

今後、どうなるか楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*