魂の七番勝負第5局 八代弥六段vs森内俊之九段|相掛かりUFO銀


魂の七番勝負 若手vsトップ棋士の第5局、八代弥六段と森内俊之九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は相掛かりになりまして、八代六段はすぐに銀を繰り出していって、相掛かり棒銀にしました。

森内九段vs八代六段

それに対して、森内九段は△9四歩▲9六歩と端の交換をいれてから、△8六歩と合わせて、▲同歩△同飛と横歩を取る狙いですね。

端の交換を入れないと、△7六飛のときに、▲8二歩と打たれて桂馬が取られてしまいます。

端が突いてあれば、▲8二歩には△9三桂と飛べるので問題ありません。

▲2二角成△同銀▲8八銀とあがって受けましたね。

今度、△7六飛と横歩を取ると、▲7七桂と跳ねられるのがイヤでしょうか。

△8六飛は▲8五歩と閉じ込められますし、△7四飛は▲8二角から馬を作っておいて先手が指せそうです。

ということで、八代六段から角交換させたことで、手得もしたので満足ということで、△8二飛と引きましたね。

八代六段は、▲3六銀とUFO銀にして、▲4六歩~▲4七銀と引きました。

森内九段vs八代六段

▲3八銀~▲4七銀なら3手ですが、上から戻ってきているので、手損にはなっていますね。

ただ、桂馬を跳ねさせることに成功できたので、それが大きいということですね。

森内九段も7三まで銀が出て、攻めの体勢が着々と整っています。

ただ、ここから森内九段は△2四歩と銀冠を目指して、持久戦模様にしましたね。

△2四歩に▲同飛は△2五歩と閉じ込めて、△2八角から後手が指せる展開になります。

ということで、歩は取れずに、お互い駒組みを進めていきました。

森内九段vs八代六段

八代六段は腰掛け銀にしました。

腰掛け銀には棒銀ということで、森内九段は棒銀でいきましたね。

飛車先が切れているので、通常の角換わりと少し違いはありますが、それでも有力ということなんでしょう。

▲4五歩と位を取って、▲4六角と設置しましたが、△3五角と合わせて、▲同角△同歩として、もう一回▲4六角。

スポンサードリンク

△6四歩と軽く受けて、▲同角に△9五歩▲同歩と突き捨てて、△7五歩と7筋も突いていきました。

森内九段vs八代六段

▲同歩なら、△6三金とあてて角を引かせてから、△7五銀と出ていくんでしょうか。

八代六段は▲4六角と先に引きましたね。

そこで、△6二飛と右四間飛車にして、▲7五歩に△8五桂と跳ねて、▲8六銀に△9五香と香車も角ラインから逃げました。

角ラインに入っていた、桂・飛・香全部逃がすことに成功しました。

△9五香を▲同香と取って、△9九角と打って攻めていきました。

▲7四歩とと金を作りにいって、△8八歩と森内九段もと金を作りにいきました。

森内九段vs八代六段

お互いと金攻めですね。

どっちが速いか? ですが、八代六段のほうが広そうなので、八代六段のほうが速そうですね。

ただ、elmoによると、互角なようで、0~100点ぐらいを揺れ動いていました。

この前までは、八代六段のほうが評価値が高かったんですが、だんだん戻っていきましたね。

ただ、先に八代六段が攻める展開になって、と金で寄っていって、森内九段が逃げる展開に。

とは言え、と金の攻めでしかないので、金と と金の交換をしてからは、森内九段の攻める展開になりました。

森内九段vs八代六段

こうなると確かに、どっちが速いか良く分からないですね。

ただ、森内九段もこれ以上攻めるのは難しそうですね。

桂馬しかないですし、と金が寄っていくのは、時間がかかりますし。

6四桂とか打てればいいですが、角が効いていて打てませんし。

△3二金と寄って自陣を固めましたが、▲2五歩と上から攻めていきました。

△同歩に▲3五角と出て、次に▲2四歩と打たれたら困るので、△3四歩と角を追っ払って、▲5三角成と馬を作ることに成功しました。

後は、やっぱりと金攻めですね。

森内九段vs八代六段

銀冠が固いので、と金で剥がしていくのが一番有力ですよね。

その前に、森内九段は攻める必要がありますが、八代六段の玉が広すぎて、馬1枚で追うのは難しそうです。

結局、と金攻めが間に合ってしまい、森内九段の玉が先に詰んでしまいました。

森内九段vs八代六段

△同玉なら▲3二角に△1三玉なら▲1四飛、△1二玉なら▲2二金打までとなります。

なので、△1四玉と逃げるんですが、▲1五歩と取り込んで、△2三玉なら上の手順と同じですし、△同銀なら銀が動けなくなるので、▲2四金打までとなります。

これで、若手の5連勝ですか。

やっぱり、世代交代の波を感じますね。

とは言え、トップ棋士たちがこのまま終わるわけもないと思うので、タイトル戦で対局したときにどうなるか? ですね。

若手も次々に出てきて、今後が楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*