NHK杯将棋トーナメント 木村一基九段vs戸辺 誠七段の棋譜速報!ゴキゲン中飛車vs超速


第69回NHK杯テレビ将棋トーナメントの木村一基九段と戸辺誠七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

戸辺七段は、ゴキゲン中飛車にしました。

木村九段は超速2枚銀ですね。

木村九段は受けに自信があることもあり、穴熊にはしないですね。

それよりも、銀を2枚とも繰り出して、中央を制圧しにいきます。

飛車引きに角引き

戸辺七段vs木村九段

▲2九飛に△2二角と引きました。

▲2四歩から飛車先交換されてしまいますが、2九飛と引いた一手が無駄になるという主張ですね。

また、4五桂を予め受けた手でもありますね。

木村九段は飛車先交換が手損よりも得という判断で、▲2四歩から交換していきます。

陣形がバラバラのタイミングで攻める

戸辺七段vs木村九段

△6三銀と戸辺七段も銀を繰り出し、陣形がバラバラのタイミングで、▲2四歩と再び合わせていきます。

△同歩▲同飛に、△2三歩なら▲3四飛ということですね。

今度は桂馬が跳ねていますので、金取りが受けにくいですね。

△3三桂と跳ねるぐらいですが、▲5五銀左と角道が止まるので、歩が取れます。

歩を打ってもお手伝いということで、△7二金と木村美濃を完成させます。

それでも、木村九段は激しく▲5五銀左△同銀▲2二飛成△同金▲5五銀と飛車を切って、中央を制圧します。

スポンサードリンク

角取りのまま利かしを入れる

戸辺七段vs木村九段

△2九飛と角取りで打ちましたが、▲2二歩成を入れます。

△2四飛成▲3二と は、と金が活躍しそうです。

一瞬、龍が下がって攻めに使えなくなってしまうのも、辛いですね。

なので、△2二同金と歩成りが入ります。

さらに▲4二銀△2一飛▲3三銀不成△1三金▲2二歩△6一飛まで入りました。

これで、銀が後手陣に入って、攻めの拠点ができました。

角は逃げられませんので、▲1三角成△同香と金と交換します。

船囲いの急所

戸辺七段vs木村九段

戸辺七段は香を取って、△8四香と舟囲いの弱点を攻めます。

次に△8七香成▲同玉△6九龍の狙いですね。

これが入ると終わってしまいますので、▲7九金打としっかり金を打って受けます。

△5四角~△7四角とさらに足していく手もあったようですが、戸辺七段は△3六桂と桂馬を活用していきます。

取られそうな桂を活用するのも自然で、味がいいですね。

木村九段流玉のさばき

戸辺七段vs木村九段

△8五桂の王手に▲6六玉と上に上がっていきます。

金でしっかり受けたので、引いたほうが安全に見えますが、木村九段にとっては、上のほうが安全なのでしょうね。

ただ、金があれば、6五金の一手詰めですので、△5八龍と質駒の金を取ります。

▲5二飛成を入れて、金を使ってしまうと、詰みがなくなってしまいますので、△6二銀打と受けて、▲5六玉と逃げます。

その後、戸辺七段がなんとか攻め続けますが、正確に木村九段が受けきって、勝ちとなりました。

投了図以下

戸辺七段vs木村九段

▲8四歩で戸辺七段の投了となりました。

△同歩なら▲7五桂から玉頭を攻める狙いでしょう。

先手玉が安全で王手もかかりませんので、一方的に攻められてしまいますので、投了やむなしですね。

序盤は木村九段が積極的に攻めて、戸辺七段が反撃に来たところを木村九段が正確に受けきって勝つという、木村九段の良さが存分に発揮した将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*