動かない角交換四間飛車(kks)にどう手を作っていくか?


将棋ウォーズ10分切れ負け。


相手の方は、角交換四間飛車ですね。

kks

スポンサードリンク

相手、3段だったんですが、後で相手のページを見てみると弾丸(3分切れ負け)は5段という超強い方でした。

最初は、ゆっくり指していたんですが、中盤からいきなり指し手が速くなりました。

3段でも私からしたらかなり格上ですが、5段とかもう訳分からないです。

ちなみに、私は初段です。

とは言え、そんな強い人から将棋を教えてもらえるのは嬉しいので、いつものように指しました。

というより、これしかないとも言えますが…

kks

これがいつもの私の陣形です。

浮かむ瀬に教えてもらった金銀が連携して、バランスの取れた陣形ですね。

相手の方は持久戦調で、動かないタイプでしたので、△2四銀~△3三桂と跳ねて、地下鉄狙いで攻めに行きました。

kks

ただまぁ、地下鉄とすぐにバレて、銀冠にされましたね。

相手の狙いを見抜くのが速いです。

これが実力者の手なんでしょう。

ということで、私も狙いを変更して、2筋に回ることにしました。

銀冠の弱点は銀ですから、その銀を狙いに行きました。

kks

ただ、▲3六歩△4六銀▲4九飛と銀を狙われてしまいました。

△4五銀とヒモをつけても、▲同銀△同桂で、▲4六飛と銀が取られてしまいますので、△5五銀引と引くしかないですね。

相手は銀をさばかせないよと、▲6七銀と引きましたね。

スポンサードリンク

なので、中央を制圧しに△4五銀と出ました。

kks

▲3七桂と銀取りに来たんですが、ここで△4六角と打つのが良かったみたいですね。

桂馬を動けなくして、2筋から攻めていくという展開のようです。

ただ、角がかなり狭いので、打つのに勇気入りますよね…

歩一枚でも取られたら、簡単に角が取られますからね。

ちょっとそれは指せなかったです。

取りあえず、△5四銀と引いて、体勢を立て直しました。

そこから、△2五歩▲同歩△同桂▲同桂△同飛と桂馬をさばいて、飛車先を切ったほうが良かったですね。

私は△63銀と引いて、桂頭を守って、桂頭から攻めに行こうかなと考えていました。

ただ、相手の敏感に察して、▲8五桂△同桂と捨ててきました。

そして、▲4五歩△同桂▲同桂ですね。

kks

ここでまた、△5四銀と上がって、桂を取りに行ったほうが良かったようですね。

elmoによると、以下▲3七桂△8八角と打って、桂馬が成って攻めていくようです。

私は△2五歩から攻めていって狙いが特になくて、あんまりうまくいきませんでした。

kks

仕方なく、桂馬を成り捨てて、△6八角から馬を作ろうと思っていました。

が、▲同金に△6八角と打ったときに、▲3三桂の王手飛車があって、ダメだったようです。

△同銀と取るしかありませんが、▲同桂不成△同金に▲3四歩が厳しいですね。

△同金は飛車が成られて終わりですから、△4四金と上がるしかありませんが、▲3三歩成でほぼ終わりですね。

ただ、▲5七金と逃げてくれて、ちょっとだけ助かったようです。

私からしたら、あんまり助けにはなっていませんでしたが…

何より、この辺から相手の手が速くなって、パシパシ指されるので、私の時間だけがなくなって、プレッシャーがスゴかったです。

後はもうダメですね。

指してるだけって感じで。

相手の銀冠がしっかり残ってて手がないので、勝ち目がありません。

勝負は中盤の終わり頃の61手目の▲4五同桂とされたときでしたね。

kks

ここで、△5四銀と上がっておけば、まだまだいい勝負ができたんじゃないかと思います。

5段の方にも中盤の中盤辺りまでは、いい勝負ができるとのことで、少し自信になりました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*