角交換振り飛車の理想型?角交換四間飛車3四銀型の対策


角交換四間飛車の中でも、3四銀型について見ていきたいと思います。

だんだん流行ってきて、指す方も多くなってきています。

角交換振り飛車の理想型とも言われて、かなり強力な戦法です。

将棋実況者のクロノさんも得意とされている戦法ですね。


スポンサードリンク

動画をご覧になると分かると思いますが、飛車が抑え込まれてしまって、かなり苦しい状況になってしまいます。

なので、この3四銀に対して、どうすればいいのか? という対策について2つご紹介したいと思います。

5七銀型で対抗

まずは、5七銀型にして対抗する方法です。

3四銀型

ノーマル四間飛車と同じように5七に銀を持ってきます。

それでも、△3四銀型にしてきたら、▲2四歩から一歩交換。

△2三金~△2五歩としてきます。

▲5八金上など駒組みを進めて、△2二飛に▲3一角と打ちます。

5六銀と腰掛け銀の形ですとうまく決まりませんが、5七銀型であれば、3一角は打てます。

△5二飛とまわって角成りを防ぎますが、▲5五歩と突きます。

3四銀型

角を取りに来る場合は、△3三金~△3二金と2手必要になります。

なので、▲5四歩と先に突けて、馬を作れるかと金が作れます。

これで一局の将棋です。

▲1六歩から桂馬の活用

それではもう1つの対策をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

こちらは、5六銀型でも5七銀型でもどちらでも問題ありません。

なので、色々覚えるのが面倒な場合は、こちらだけ覚えておくのがいいと思います。

3四銀型

△2五歩と抑え込まれたときに、▲1六歩と端歩を突きます。

△2二飛に▲1七桂と跳ねて、2筋に効かせます。

△2六歩と伸ばしてきたら、▲3一角と打って、△5二飛は▲2六飛で成功です。

△2三飛と浮くのが受け方ですが、▲5三角成と馬を作っておいて、どうかですね。

△2七歩成には▲2四歩~▲2五歩と切り返せます。

これが桂馬が跳ねている効果ですね。

とはいえ、まだまだ難しくて、一局の将棋です。

局面を戻しまして、▲1六歩に△1四歩と返してきた場合なんですが、それでも▲1七桂と跳ねることができます。

3四銀型

飛車を回らせるために▲6八金を入れました。

△1五歩と桂頭を狙ってきた場合は、▲同歩△同香▲2五桂と跳ねます。

△1九香成と香は取られてしまいますが、▲2四歩が厳しくなってきます。

3四銀型

△同金なら▲3三桂成△同桂▲1三角で飛車・金両取りになります。

△1四金と逃げても▲3三桂成△同桂▲1一角があります。

△3二飛なら歩が成れますので、飛車は逃げられません。

なので、△1五歩は成立しません。

こちらに関しては、駒組みを選ばずにできますので、覚えておくと役に立つと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. archscanty より:

    大変参考になりました。ありがとうございました。
    PC画面のキャプチャがわかりやすいです。

    • 将棋の科学 より:

      コメントありがとうございます。

      参考になってよかったです。
      これからも、色んな戦法や対策を紹介しますので、よろしくおねがいします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*