竜王戦2組ランキング戦 佐藤天彦名人と藤井猛九段の棋譜速報!角交換四間飛車


第32期竜王戦2組ランキング戦の佐藤天彦名人と藤井猛九段が対局した棋譜です。


スポンサードリンク

藤井九段は角交換四間飛車にしましたね。

ただ、藤井九段が向かい飛車にしたあと、すぐに角を打ち直し合っているので、あまり角交換振り飛車という感じではないでしょうか。

穴熊に組ませないようにしたのと角道を閉じる必要がないので、振り飛車側としても悪くはなさそうです。

銀冠vs高美濃囲い

佐藤名人vs藤井九段

佐藤名人は銀冠にして、藤井九段は高美濃囲いにしました。

▲4四角と出て、角交換をしたときに6六歩の形にしたいということでしょうね。

6六歩の形にされたくない場合は△6五歩もありますが、それなら角交換していくでしょうね。

6五桂がなくなったので、悪くないという感じだと思います。

藤井九段も△5三銀と駒組みを進めましたが、佐藤名人は▲4五銀と角頭を狙っていきます。

△6六角▲同歩の形にすることに成功します。

角交換振り飛車に対する居飛車の攻め方

佐藤名人vs藤井九段

▲2四歩△同歩と突き捨てて、▲3一角。

角交換振り飛車に対して、よく出てくる筋ですね。

△2三飛は▲3四銀で飛車が取られてしまいますので、△3二飛とよって、▲5三角成△同金▲2四飛と飛車が走ることに成功します。

銀・角交換の駒損ですが、飛車が成れそうですし、駒損した成果は十分得られています。

△2二歩に▲2三歩と合わせて、と金を作りにいきます。

そこで、△3三角という捌き方もあったみたいです。

▲2二歩成△2四角▲3二と といった感じですね。

▲2八飛と引くと△5六歩から反撃してどうかという感じのようです。

スポンサードリンク

藤井九段は▲3三桂と跳ねて、5筋に飛車を回って反撃に出ました。

ガジガジ流の真骨頂

佐藤名人vs藤井九段

△5六角成▲同銀△同飛と捌いて、藤井九段らしいガジガジ流ですね。

▲5六歩△4六飛とずらして、▲2二飛成△4八飛成と成り合いました。

そこで、▲4九歩と佐藤名人は受けます。

△同龍だとどうなんですかね。

▲2七角の両取りがひと目見えますが、△2九龍の切り返しがあって、▲6三角成は△2二龍と龍を抜かれてしまいますので、2七角は打てないですね。

となると、▲3三銀成を入れて、▲2七角を見せていく感じでしょうか。

今度は龍にヒモがつきますので、2二龍に▲同成銀と取れるようになります。

藤井九段は取らずに△5九龍として▲3六角に△5四歩で受けます。

飛車の利きを弱くする歩

佐藤名人vs藤井九段

藤井九段は玉頭を攻めて、△3一歩と底歩。

▲同龍とすれば、龍の利きが弱くなるので、△6五桂から攻めやすくなります。

当然、佐藤名人は取らずに▲1二龍。

それでも藤井九段は△6五桂と攻め続けるしかないですね。

▲5四銀不成から攻め合いになりました。

厳しい銀捨て

佐藤名人vs藤井九段

△7九銀と捨てていって、▲同玉なら△5七桂成が入ります。

▲同金△同角成が王手で受けにくいです。

なので、△5七桂成に▲8三歩と攻めあう展開になります。

佐藤名人は取らずに▲9八玉とかわします。

そこで△6八銀不成と金を取っておいて難しかったみたいです。

△7七桂成で攻めが続かなくなってしまったようです。

佐藤名人は丁寧に丁寧に受けて、一気に寄せきりました。

投了図以下

佐藤名人vs藤井九段

ここで、藤井九段の投了となりました。

以下は△同金▲8二金△同金▲同歩成△同玉▲7三銀△同玉▲8五桂△6二玉▲6三銀△5一玉▲5二金までとなります。

見ごたえのある攻防戦で、藤井九段の激しい攻めと佐藤名人の冷静な受けが素晴らしくて、お互いの良さが出た将棋でしたね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*