角交換振り飛車の逆棒銀対策!覚えておきたい手筋とは?


将棋ウォーズ10分切れ負け。


相手の方は角交換四間飛車ですね。

将棋ウォーズは同じ戦型の方と連続して当たるような気がするのは私だけなんですかね。

居飛車党と当たると、ずっと居飛車党と当たったり、振り飛車党と当たると、ずっと振り飛車党と当たったり…

続いて当たることが多いです。

それはさておき、角交換振り飛車にはいつもの浮かむ瀬陣形にします。

角交換振り飛車

スポンサードリンク

後は、△8一飛と引いて、△1四歩と端歩を突いて完成なんですが、

その前に▲7五歩と仕掛けられました。

△同歩▲同銀と逆棒銀ですね。

ここで、△7四歩と打ってしまうと、相手だけ歩の交換ができて、一歩持たれて、やや不満です。

ということで、ここで覚えておきたい手筋がありまして、それが△4四角です。

角交換振り飛車

単純な飛車取りですが、意外と受けにくいんですよね。

▲9八飛とかしてくれるのであれば、△7四歩と今度は銀を追っ払ってから、△8五歩と突いていけば勝てます。

なので、これに対して振り飛車側は▲6六角と合わせます。

△同角▲同銀と銀を引かせます。

▲同歩ですと、△7四歩で銀が動けませんので、銀が取れて勝てます。

なので、▲同銀と引くしかないわけですね。

ただ、相手は単に▲6六銀と引いたので、こちらが良くなりました。

この場合は、△6五歩と突いて、▲同銀は飛車が取れますので、▲7七銀と引くしかありませんが、△7六歩で銀が動けません。

スポンサードリンク

角交換振り飛車

ここから飛車と銀が取れて良くなったんですが、将棋は勝ち切るのが難しいんですよね。

最近、優勢になってからの逆転負けが多かったので、できるだけ安全に行こうと指すことにしました。

ただまぁ、そのせいで手が鈍った所も多分にありますが…

ここも難しい所ですね。

角交換振り飛車

私は、飛車を打って香を取ったのに対し、▲6五桂と跳ねてきました。

△同桂は▲5五角の飛車・龍両取りですね。

elmoが言うにはそんなの関係内容で、▲5五角に対して、△7九龍と金に当てて、▲8二角成△同金に▲5八金と逃げたところで、

△5七桂成▲同金△4八銀と攻めがつながるようです。

とは言え、読み切っていないと指せない手ですね。

早指しの将棋ですと、少し難しい気がします。

角交換振り飛車

この香は打っておいて損のない手ですね。

いきなり△2七香成▲同玉△3五桂から危ない格好にできますので。

香成を▲同銀と取ってしまうと、△4九龍と金を取られて終わってしまいますね。

ということで、▲2六桂と打ちましたね。

取ってから桂を打つのか先に桂を打つのか迷ったんですが、結局先に打ちました。

角交換振り飛車

ここで、△2七香成としてしまったので、あんまりうまくいきませんでした。

△3六桂で良かったようで、▲1八玉は金がタダで取られて、ほぼ寄りですので、▲3七玉と逃げるしかありませんが、△2八銀に、

桂馬か香を取ったときに、△2九銀不成があるんですね。

▲同銀は金が取れますので、放置するしかありませんが、銀を取って香車も取れますので、持ち駒が豊富になり、攻めやすくなります。

△2八銀までは見えたんですが、△2九銀不成が見えませんでした。

なので、攻めがちょっと重たいかな? と思ってやめてしまったんですが、これは美濃崩しとして使えそうですね。

覚えておいて、損がなさそうです。

ここからは手が鈍りまくってあんまり良くないですね。

ただ駒損を繰り返して、攻めあぐねいているだけになってしまいましたので。

決めるとこはしっかり決めるようにしたいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*