イトシンTV・伊藤真吾五段の得意な先手番中飛車前田流!攻め方と対策


将棋プロ棋士で、ユーチューバーのイトシンTVこと伊藤真吾五段。

プロの強さを改めて実感できる上、参考になる動画ばかりです。

その伊藤五段が動画やライブでたまに指す先手番中飛車の前田流。

これについて、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

先手番中飛車前田流のイトシンTV動画

伊藤五段が自身のユーチューブチャンネル・イトシンTVで、先手番中飛車前田流を指した動画はこちらです。

一度3三角とあがりながらも、2二角成と角交換していき、3三角とあがった一手が無駄になってしまいますが、それでも十分指せるということですね。

どうして、手損でも十分なのかというのを見ていきたいと思います。

前田流の前段階

まずは前田流に行く前の最序盤の駆け引きを見ていきます。

先手番中飛車前田流

▲7六歩△8四歩に▲5六歩とゴキゲン中飛車を見せていきます。

それに対して、△8五歩▲7七角と決めさせて、△5四歩と5筋の位を取らせないようにします。

ゴキゲン中飛車ですので、▲5八飛と飛車を5筋に持ってきます。

△6二銀と銀を繰り出して、5筋の攻めに備えます。

ここで、▲5五歩とすぐに仕掛けていくのも見えますが、△同歩に▲同角なら次に▲7三角成が王手飛車になりますので、△4二玉とあがる一手です。

それも一局ですが、3三角と上がってから、5五角と上がっていますので、手損な分どうかですね。

△同歩▲同飛の展開もそれほど変わらなくて、△4二玉と上がって、一局です。

すぐには仕掛けずに▲4八玉から囲っていくのが前田流ですね。

スポンサードリンク

3四歩に角交換を挑む

先手番中飛車前田流

▲4八玉△4二玉▲3八玉に△3四歩と角道を通してきた瞬間に▲2二角成△同銀と角交換してしまうのが、前田流ですね。

そこで、▲8八銀と上がります。

△8六歩は伊藤五段も解説していますが、▲同歩△同飛に▲7七角の飛車銀両取りもありますが、▲7五角の王手飛車があります。

先手番中飛車前田流

△6四角と合わせるぐらいしかないですが、▲8六角△同角▲8二飛で駒得を重ねていけます。

なので、8六歩はいけないですね。

△3二玉や△3三銀と囲いにいきます。

狙いの5筋交換

先手番中飛車前田流

前田流の狙いは▲5五歩から5筋を交換していくことですね。

7七角~2二角成と一手損している分、5五で歩が交換できて、5九にまで飛車が引けますので、手損はあまり気にならなくなります。

とは言え、△同歩▲同飛で一局ですね。

△4二金▲2八玉△1四歩▲1六歩に、押さえ込みに行くのであれば、△4四銀もあります。

ゆっくり指すのであれば、△6四歩~△6三銀として、△5三歩~△5二金上とするのもあります。

先手番中飛車前田流

しっかり囲いたい場合は、こちらがおすすめです。

5筋に歩を打ちたくない場合は、△4四銀から押さえ込む方針で指すのがいいと思います。

4四銀をあがらないと、▲7一角から馬を作られる筋がありますので、5三歩を打つか6一金型で指す必要があります。

前田流は伊藤五段が指すほど有力な作戦ですし、どれも難解ですし、一局の将棋になります。

ゴキゲン中飛車を良く指す場合は、試してみると面白いと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*