【竜王戦挑戦者決定戦第3局】広瀬章人八段vs深浦康市九段の棋譜と結果!雁木vs左美濃


第31期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第3局の広瀬章人八段と深浦康市九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

深浦九段が雁木で、広瀬八段は左美濃ですね。

広瀬八段vs深浦九段

広瀬八段は早繰り銀で▲3五歩ですぐに仕掛けていきます。

△同歩なら▲4六銀と狙っていくと思います。

そこで、△3六歩▲2六飛として一局ですね。

3六歩に対して、2六飛とせずに▲3五銀とあがっていくと、△3七歩成▲同桂△3六歩で桂馬が取られてしまいます。

2六飛と浮いていれば、△3六歩と打たれたときに▲同飛と取れるようになります。

深浦九段は取らずに△7四歩と同じように早繰り銀で攻めにいきます。

広瀬八段vs深浦九段

▲3四歩と叩いて、2二か4二のどちらに引くかですが、4二の場合は▲3五銀~4四銀が受けにくくなります。

なので、△2二角と引いて▲3五銀に△6四銀と深浦九段も攻めにいきます。

▲2四歩と突き捨てて▲2八飛と戻り、▲2四飛と取ります。

▲2四銀と銀を進出させたいところですが、△3四銀でピッタリですね。

スポンサードリンク

広瀬八段vs深浦九段

深浦九段は△8五歩と合わせて攻めにいきます。

▲同歩△同飛は銀に当たってきますし、銀が逃げれば△7五銀で後手の攻めが速くなります。

なので、▲2四桂と跳ねて攻め合いにいきましたね。

広瀬八段vs深浦九段

歩を成り捨てましたが▲7三歩成と広瀬八段は徹底して攻め合いですね。

▲同銀として、△8四飛▲7八金という展開もあったと思います。

深浦九段は△7五歩と止めて▲2六飛に角を取ってからと金を払います。

ただ、▲3三桂打から一気に攻められてしまいます。

広瀬八段vs深浦九段

△6四銀と桂頭の銀で受けたいところですが、▲4一金と打たれて、△6二玉なら▲7四桂の王手飛車、△5二玉も▲4二とから同じ筋で王手飛車になります。

なので、△7四銀とまっすぐ上がるしかないですね。

▲7三金の両取りが入って、飛車が取られます。

広瀬八段vs深浦九段

△9五角と打って銀を取りにいきます。

銀取りをどう受けるかですが、▲7八歩は△7六歩と打たれて銀が取られてしまいます。

広瀬八段は▲5八玉と早逃げしました。

銀を取らせて▲8三歩成と金にヒモをつけます。

広瀬八段vs深浦九段

△6六香と勝負手ですね。

▲同歩なら△5六桂とさらに捨てて、▲同歩に△6七銀▲4八玉△6六馬と迫っていく狙いですね。

▲4三とと銀を取って、深浦九段は香成りからずっと追っていきます。

広瀬八段vs深浦九段

ここで、続かずに深浦九段の投了となりました。

これで、羽生竜王の挑戦は広瀬八段と決定しました。

竜王戦がどうなるか、かなり楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*