王座戦第3局|斎藤慎太郎七段と中村太地王座の棋譜と結果!矢倉棒銀


第66期王座戦五番勝負の斎藤慎太郎七段と中村太地王座が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

第1局、第2局と角換わりで、第3局も角換わりも考えられましたが、斎藤七段が矢倉にしました。

中村王座は飛車先を受けずに急戦調にします。

対し、斎藤七段は銀を出していって、矢倉棒銀ですね。

斎藤七段vs中村王座

△4四角として、2六銀と出るのか3六銀と出るのかで、展開が変わりますね。

3六銀の場合、角頭を狙っていけますが、△3三桂と跳ねられると銀が出られなくなるので、どうするかですね。

斎藤七段は▲2六銀とまっすぐ上がって、△3三桂なら▲3六歩から桂頭を狙っていける形にしました。

斎藤七段vs中村王座

銀をおびきよせて、△7五歩。

▲同歩なら△8四飛と浮いて、次の△3五角の銀取りと角成りをどうするかですね。

斎藤七段は▲6六銀とあがります。

△8六歩から一歩交換しました。

△8六同飛のときに▲7五銀という手もあったでしょうか。

△8八角成に▲同金としてしまうと△7六飛▲7八飛△8七角で終わってしまいますが、▲8六銀と飛車のほうを取っておいてどうかですね。

飛車角交換で、馬を作られてはいますが、ソフト的には全くの互角のようです。

斎藤七段は▲2四歩~▲2三歩として、△同銀なら狙われている銀がさばけるので、いいですね。

スポンサードリンク

取らずに△3一銀と引いて▲8七歩に△8四飛と銀を狙っていきます。

斎藤七段vs中村王座

△4四馬に▲2四飛と走って銀を守ります。

△3五角も気になりますが、▲3三銀不成△同馬▲7四飛としてどうかですね。

8四までいってしまうと、▲8一飛成に△7一歩と受けられて、あんまり響いていないので、桂馬を狙っていったほうがいいようです。

中村王座は△2一歩としっかり受けます。

斎藤七段vs中村王座

斎藤七段は龍を作って、中村王座は馬が入って角を打っていきます。

▲7九銀と受けましたが、角を切って△8八馬と銀を狙っていきます。

こういった迫り方はかなり参考になりますね。

銀が逃げても桂馬が取られて王手の先手になりますので、▲6六角と守りに効かせつつ、攻めていきます。

△7八馬▲3三銀成から馬を作り、中村王座は銀を打ってしっかり受けます。

斎藤七段vs中村王座

中村王座は玉頭から攻めていって、△5六銀と打っていきます。

▲同玉は△5四香と打たれて、下にさがれなくなるので、逃げ道がなくなります。

なので、▲4八玉とかわして△5七金とさらに追っていきます。

▲3九玉△3八歩と打ちました。

▲同飛は△2四香で逃げ道がなくなりますし、▲同玉は△4七銀不成▲2七玉△2四香で苦しいですね。

ということで、▲同金と取って、△4七銀不成▲4九香と受けます。

そこから中村王座が攻め続けます。

斎藤七段vs中村王座

ここで、受けなしとなって後は斎藤七段が詰ませられるかどうかですね。

▲2二銀から詰ませにいきましたが、詰みませんでした。

斎藤七段vs中村王座

ここで、斎藤七段の投了となりました。

これで斎藤七段の2勝、中村王座の1勝ですね。

中村王座はあと全部勝たないといけませんので、依然として苦しい状況ですがどうなるでしょうか。

今後が楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*