叡王戦本戦 渡辺明棋王vs佐藤秀司七段の日程と中継


第3期叡王戦本戦で渡辺明棋王と佐藤秀司七段が対局します。

渡辺棋王は、最近調子が悪いとのことで、今年は負け越しています。

いつもは、6割~7割ぐらい勝っている所を47%なので、かなり苦しんでいるのではないかと思います。

その渡辺棋王がどんな対局をするか、ですね。

調子の良い悪いは誰でもあると思いますし、調子が良いときは、そのまま突っ走っていって問題ないと思いますが、

問題は調子が悪いときですよね。

このときの対応が難しいので、渡辺棋王がどうやって調子が悪いときを乗り越えるのか、というのも気になります。

そういった所も将棋から見えると思いますので、この対局もかなり楽しみです。

日程

渡辺棋王と佐藤七段の対局は、2017年12月22日(金)14時30分から行われます。

持ち時間は、各3時間で、切れると1分の秒読みです。

夕食休憩が18時~18時40分あります。

中継

中継は、ニコニコ生放送で行われます。

スポンサードリンク

解説は、糸谷哲郎八段で、聞き手は中村桃子女流初段です。

戦型予想

渡辺竜王も佐藤七段も居飛車党ですね。

なので、相居飛車の将棋になるんじゃないかと思います。

とは言え、渡辺竜王はゴキゲン中飛車も指しますので、相居飛車になるとも限らないんですよね。

基本的には、相居飛車になると思います。

佐藤七段は矢倉か相掛かりが好きなイメージがあります。

また、ソフトによる研究も取り入れているようで、居角左美濃急戦も指したりしていますね。

佐藤七段が居角左美濃急戦で、渡辺竜王の矢倉というのも見てみたいですが、さすがにその可能性は低そうです。

そこまでして、渡辺竜王が矢倉に持っていくとは考えにくいからです。

もしそうなるなら、渡辺竜王は相掛かりにする気がします。

なので、予想としては相掛かりですね。

どんな将棋になるのか? 楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*