藤井聡太四段と小林裕士七段の棋譜速報!王位戦予選の結果は?


第59期王位戦予選の藤井聡太四段と小林裕士七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は、相掛かりになりましたね。

小林七段は銀を繰り出していくUFO銀でいきましたね。

藤井四段vs小林七段

3六にあがった銀をどう使っていくかが1つのポイントですね。

2五にあがって棒銀にいく手もありますし、▲4六歩~▲4七銀と引いて、守りに使う手もあります。

銀を攻めにも守りにも使えるので、万能な戦法ですよね。

それに対して、藤井四段は△3三角とあがって、棒銀で来るなら来いという手ですね。

角頭が弱いので、3三角は棒銀には弱いですが、藤井四段は問題ないと読んでいるわけですね。

以前もUFO銀に対して、藤井四段は3三角とあがっていたので、3三角がかなり有力と見ているのかもしれないですね。

小林七段も棒銀でいってもうまくいかないということで、固めにいきました。

藤井四段vs小林七段

藤井四段は銀冠にして、小林七段は矢倉にしましたね。

小林七段は、▲5五歩と位を取って、藤井四段は△5四歩とすかさず反発。

▲同歩△同銀▲5八飛とまわって、真ん中から攻めにいきました。

△5五歩と打って、▲5六歩と合わせて、△同歩に▲6四角と出て、△4一玉に▲5六金と出て、金で攻めにいきました。

スポンサードリンク

藤井四段vs小林七段

金と銀の2枚を攻めに使って攻めて、かなり迫力がありますね。

さすが攻め将棋という感じですが、△5五歩とおさえて、▲4五金△同銀▲同銀と金と銀の交換に成功しました。

取った金を△6三金打と打って、ガッチリ受けました。

これで、かなり固くなりましたね。

小林七段もすぐには攻められないので、体勢の立て直しですね。

そこから角交換になって、藤井四段は真ん中を厚くしました。

藤井四段vs小林七段

真ん中に金を持ってきて、中央に備えましたが、せっかくの銀冠が崩れてもったいないような気もしますが、中央を破られるのが怖かったということでしょうか。

小林七段は、▲2二歩ととがめに行きましたね。

桂馬を渡すわけにはいきませんから、△3三桂と逃げて、▲7五歩と桂頭を狙っていきました。

△同歩は▲7四歩と叩くんでしょうね。

△同金なら、金は斜めに誘えの格言通りで、▲6三銀と捨てて△同金に▲7二角の飛車・角両取りが決まります。

藤井四段vs小林七段

なので、▲7五歩は取らずに△9四角と打っていきました。

飛車をにらみつつ7二角の筋も消した一手ですね。

▲7四歩と取り込んで、△同金に▲7六歩と打って、角道を止めましたね。

ただ、△6五歩から攻められて、小林七段も攻めに転じて、攻め合いになりました。

藤井四段vs小林七段

△同金▲同銀は金をくれて銀を呼び込んでいて、かなり怖いですね。

なので、△3二銀と守って、▲8一角成と飛車を取られるのは仕方ないという所ですかね。

藤井四段も△7七歩成から攻めにいって、激しい攻め合いになりました。

藤井四段vs小林七段

最後は、藤井四段が小林七段の攻めをかわしながら攻めて、寄せました。

以下、▲2六玉と取るしかないですが、△3五銀▲1五玉△1四歩までですね。

すごく激しい展開になっていて、見ていて面白かったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*