叡王戦本戦 佐藤康光九段vs松尾歩八段の棋譜!6六角型向かい飛車


第4期叡王戦本戦の佐藤康光九段と松尾歩八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

佐藤九段は▲5六歩からゴキゲン中飛車にするのかと思いきや、▲6六角とあがって、向かい飛車にしましたね。

さすがの構想で、独自の路線を突き進んでいますね。

松尾八段は押さえ込みの方針で、金銀が盛り上がっていきました。

佐藤九段vs松尾八段

手を作るのが難しそうな将棋になりましたが、佐藤九段は地下鉄飛車にしました。

ただ、△8六桂が気になるところで、▲9四歩は△8八角と飛車を狙われて、▲8九飛△9八桂成で、逆に攻められてしまいます。

△8六桂を打たせたとみて、▲1八香とするんでしょうか。

△8八角は▲1九飛で1筋から攻めてどうかですね。

松尾八段は△2六桂と歩頭の桂の手筋で攻めていきました。

▲同歩△同歩で桂損になってしまいますが、歩が伸びてくるので、怖い形になります。

ただ、▲4八金と逃げられて、この桂馬が負担になってしまいます。

これ以上、歩が伸ばせなくなり、攻めるのが難しいです。

なので、8筋を守って、佐藤九段の攻めをなくしていきました。

佐藤九段vs松尾八段

スポンサードリンク

▲4九玉に△1八桂成▲同香を成り捨てます。

△2六歩から飛車先を破るのもありますし、△2九角もありますね。

2六歩は1歩渡しますので、反撃も厳しくなります。

ということで、△2九角を選びましたね。

佐藤九段は5筋から手を作っていき、▲3五歩から桂馬を取りにいきます。

佐藤九段vs松尾八段

▲4五桂打と継ぎ桂の手筋。

玉が逃げれば、▲5五桂打とさらに継ぎ桂もありますし、▲2九飛とまわって、馬が逃げれば▲2五飛から飛車交換に挑む手もあります。

松尾八段は△同歩と取って▲同桂△3四玉とかわします。

▲3三歩と、と金を作りにいきます。

受けるのが難しくて、△4二金は▲5三桂成△同金▲3二歩成とできますし、△3一香は飛車の横利きがとまるので、やりたくはないですね。

なので、△2二飛と受けましたが、▲5五桂打と金を狙われます。

△4二金は飛車が浮いたので、▲6一角と打てて金が取れます。

△4四金と上にあがるしかなくて、▲5三桂成が入ります。

松尾八段が一方的に受ける展開で、苦しくなりましたね。

佐藤九段vs松尾八段

松尾八段は、馬と金駒をはがされていき、△5六桂からなんとか反撃にいきます。

ソフトは▲5六金右とかわすようです。

さすがにここまで来て、金が逃げるのは辛すぎる気もしますが、絶対に逆転されないようにということですかね。

佐藤九段は▲4四香と銀を剥がしに行きます。

△4八桂成に、▲同玉はまた桂馬を打たれるので、▲6七玉とかわします。

佐藤九段vs松尾八段

▲5四角で、松尾八段の投了となりました。

5四角ではなく、▲4三銀打から詰んでいたみたいですが、1分将棋ですから読み抜けたら逆転なんてことにもなりかねませんので、逆転されない手のほうがいいですね。

▲4三銀打からは、△2三玉▲2四歩△1三玉▲2三金△同飛▲同歩成△同玉▲3四角△2二玉▲3三銀成△同玉▲2三飛までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*