王将戦第6局 豊島将之八段vs久保利明王将の棋譜と結果!


第67期王将戦七番勝負 豊島将之八段と久保利明王将の第6局です。



スポンサードリンク

本局は久保王将がゴキゲン中飛車にしようとしたところ、角交換して、▲5三角の変化に持っていきました。

豊島八段vs久保王将

△4四角で合わせないと、馬を作られてしまいます。

ということで、△4四角で合わせて角交換して、▲4三角ともう一回打っていきます。これも△3二角と合わせて角交換。

そこから駒組みを進めました。

手損しただけのようにも見えますが、形を決めさせたと見ることもできるのでしょうか。

この辺の判断は難しい所ですね。ただ、豊島八段が指しているわけですし、得なんでしょう。

久保王将は中飛車にして、豊島八段は左美濃にしました。

豊島八段vs久保王将

久保王将が△4一飛とまわったときにすかさず▲5三角。

これは角を合わせても、馬を作ることができますね。

久保王将も読み通りだと思います。

馬を作らせている間に4筋から手を作ってしまえば問題ないということでしょう。

久保王将は、飛車先交換して、銀を進出させて棒銀のように攻めていきました。

豊島八段vs久保王将

豊島八段は飛車をまわって受けました。

△4七歩▲3八飛として、すぐに手はないですね。

ここからまた駒組みが続きます。

久保王将は3二の金をくっつけて美濃囲いを完成させて、豊島八段は9八香と穴熊を見せます。

豊島八段vs久保王将

△5五銀と引いて、穴熊のけん制。

▲9九玉~▲8八銀と引くと6六の歩が取れます。

銀が引けないとなると、少し穴熊には行きにくいです。

スポンサードリンク

ということで、▲3五歩と桂頭を狙っていきました。

銀を引くのを待っていた感じですね。

△同歩▲2四歩△同歩▲3五馬。

そこで、△2七角と打って、▲2八飛△4九角成と馬を作ります。

馬を作られるのは、豊島八段も読んでいたでしょうね。そのための2筋突き捨てだと思います。

飛車を戻して、2筋から攻めようという狙いですね。

ただ、すぐに▲2四飛とはせずに▲5六歩。

豊島八段vs久保王将

銀取りに当てつつ馬道を通して守りを固くしました。

△同銀は▲5三歩で銀が取られてしまうので、△4六銀とあがりました。

これで、また馬に当たってくるので、▲3四馬と逃げます。

この交換はどうなんでしょう。

久保王将の銀が攻めに参加してきて、豊島八段の馬は使いにくくなってしまったようにも見えます。

歩成って、飛車走って、△5九と。

金取りにあてて、金が逃げてもと金を引っ張って、結局金が取られてしまいますので、金は見捨てて▲2二飛成。

金を取って、▲4二飛とぶつけて、飛車をさばきにいきました。

桂馬を取って逃げますが、△4三金打。

豊島八段vs久保王将

この辺りはさすが久保王将という感じですね。

飛車を取るしかなくて、使えていなかった飛車と龍を交換することに成功しました。

▲8五歩と玉頭を狙っていって、△3六飛と馬・桂取り。

香を取るのは、あまり馬が働かず、△3七飛成のほうが厳しいです。

ということで、▲4三歩と打って、金と馬の交換にしました。

そこから、豊島八段は玉頭を狙っていきました。

豊島八段vs久保王将

ここで、△7五桂と跳ねて、▲同歩と取らせることで、馬道を開けます。

そして、△8六歩▲同香△8五歩と香を取りにいきます。

▲3八歩△5七龍として、▲2三龍。

久保王将は香を取って、豊島八段は▲8三金から攻めにいきますが、足りないですね。

逆に豊島八段の玉は△8七金と打たれて詰みということで、投了となりました。

豊島八段vs久保王将

以下、▲同銀△同歩成▲同玉△7六角▲9七玉△8六銀▲同玉△8五香▲9七玉△8七角成までとなります。

これで、久保王将の防衛となりました。

豊島八段が振り飛車さして相振り飛車にしたりして、どんな将棋になるのか指してみないと分からなくて、かなり面白かったです。

豊島八段と久保王将の対局をまた見たいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*