渡辺明棋王の永瀬拓矢七段の成績とレーティング!棋王戦第5局の日程と中継


第43期棋王戦 五番勝負 第5局の渡辺明棋王と永瀬拓矢七段の対局が行われます。

最終局ですね。これで勝ったほうが棋王の座を手にします。

勝ったり負けたりを交互に繰り返しての第5局となります。

全くの互角ですね。

なので、どっちが勝っても全くおかしくありません。

渡辺棋王が防衛して、6期連続防衛となるのか、それとも永瀬新棋王が誕生するのか。

とても楽しみな一局です。

スポンサードリンク

成績とレーティング

渡辺棋王

レーティング:1749
順位:18位
成績:20勝27敗(勝率:42.5%)

<戦型選択>

居飛車;90.8%
 矢倉:14.3%
 角換わり:27.6%
 横歩取り:16.3%
 相掛かり:7.1%
 力戦:12.2%
 対抗系:13.3%

振り飛車:9.2%
 中飛車:7.1%
 ノーマル四間飛車:1.0%
 向かい飛車:1.0%

永瀬拓矢七段

レーティング:1855
順位:2位
成績:41勝12敗(勝率:77.3%)

<戦型選択>

居飛車:95.8%
 矢倉:9.9%
 角換わり:19.7%
 横歩取り:25.4%
 相掛かり:4.2%
 力戦:12.7%
 対抗系:23.9%

振り飛車:4.2%
 角交換四間飛車:2.8%
 向かい飛車:1.4%

日程

2018年3月30日(金)9時から行われます。

持ち時間は、各4時間で昼食休憩が12時~13時にあります。

スポンサードリンク

それ以降、夕食休憩はなく、終局まで指し切ります。

中継

中継は、ニコニコ生放送とAbemaTVにて、行われます。

<ニコニコ生放送>

解説は佐々木勇気六段で、聞き手は和田あき女流初段です。

<AbemaTV>

AbemaTVはこちら

解説は、阿部隆八段と山崎隆之八段で、聞き手は村田智穂女流二段と貞升南女流初段です。

戦型予想

第1局は永瀬七段の雁木で渡辺棋王の矢倉。第2局は角換わりとなり、永瀬七段は早繰り銀で渡辺棋王は腰掛け銀。

第3局も角換わりとなり、永瀬七段は早繰り銀から棒銀にして、渡辺棋王は腰掛け銀。

第4局は相掛かりで、永瀬七段は早繰り銀で渡辺棋王は腰掛け銀。

第2局からは基本的に永瀬七段が早繰り銀で攻めて、渡辺棋王は腰掛け銀で対抗しています。

そうなると、第5局も永瀬七段が早繰り銀にするかもしれないですね。そうなれば、渡辺棋王は腰掛け銀で対応すると思います。

第43期棋王戦の棋譜

第1局:矢倉vs雁木

第2局:角換わり早繰り銀vs腰掛け銀

第3局:角換わり棒銀vs腰掛け銀

第4局:相掛かり

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*