第66期王座戦二次予選 藤井聡太六段vs糸谷哲郎八段の棋譜と結果!阪田流向かい飛車


第66期王座戦二次予選の藤井聡太六段と糸谷哲郎八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

糸谷八段は阪田流向かい飛車を採用しましたね。

これはさすがに予想できないですね。

力戦系に持っていくことで、研究を外すという狙いもあるでしょうか。

ただ、力戦系も藤井六段はかなり得意とされているので、効くかどうかは難しいですね。

藤井六段vs糸谷八段

このタイミングで、△2四歩と仕掛けていきました。

いつでも仕掛けられるのが、向かい飛車のいい所ですね。

▲同歩△同金と逆棒金を狙っていきました。

藤井六段は▲3八金とあがって備えました。

藤井六段vs糸谷八段

△3五歩と桂頭を狙っていきました。▲同歩△同金は攻めの形ができます。

▲6八金と上がって△3四金と寄りました。

▲7七桂△3六歩▲同銀△3五歩▲4七銀△4四歩に▲6五角と打っていきました。

藤井六段vs糸谷八段

▲2三歩と叩いて、馬を作る狙いですね。

△5二金とあがって、▲2五桂△同桂としてから、▲2三歩△同歩▲3二角成としました。

△4三飛と逃げて、▲2六歩と桂馬を狙い、△3三金▲4三馬△同金寄と馬と飛車の交換をして、▲2五歩と桂馬を取ります。

スポンサードリンク

△8四桂と玉頭を狙い、藤井六段は飛車先を伸ばしていきます。

そこから、藤井六段が先に攻めていきます。

藤井六段vs糸谷八段

どちらの金で取っても形が乱れますし、玉がかなり薄くなります。

糸谷八段は△5四角と打っていきました。

飛車取りと歩を外す狙いですね。

飛車は見捨てて、▲4二歩成△2七角成▲5二と△4七歩成と攻め合い。

△6八桂成からの詰めろなので、▲5九金と一度受けました。

△5四馬と逃げて、▲4二飛△3三角▲6二と△同銀▲8二金と送りの手筋。

藤井六段vs糸谷八段

これは寄っているように見えますが、糸谷八段がどう凌ぐかですが、△8二飛▲8五桂△9二玉▲8二龍△同玉▲5二飛と打ちました。

△7二飛と受けましたが、▲7三桂成△同玉▲7四歩△8二玉▲7三銀で投了となりました。

以下、△同桂▲同歩成△同玉▲8五桂△8二玉▲7四桂△7一玉▲7二飛成△同玉▲5二飛△7一玉▲6二飛成△8一玉▲8二龍までとなります。


糸谷八段でも止められませんでしたね。

これでまた16連勝となりました。しかも今度は、糸谷八段も入れて、A級棋士4人に勝ってのですからね。

藤井六段の強さが本当に証明されましたね。

ここからまたどこまで連勝記録を伸ばすのか? また、藤井六段の連勝を止めるのは誰になるのか? 今後が非常に楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*