豊島将之八段vs澤田真吾六段の棋譜と結果【第59期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフ】


第59期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフの豊島将之八段と澤田真吾六段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりましたね。

お互いかなり得意とされている形ですね。

相腰掛け銀になり、澤田六段は千日手含みの手を指して、豊島八段に攻めさせました。

澤田六段は後手番なので、千日手になれば先手になれるので、十分ということですね。

豊島八段は先手番ということもあり、仕掛けていきました。

豊島八段vs澤田六段

▲4五桂~▲3五歩。

▲3五歩△同歩▲4五桂もよくありますが、逆にすることで、3四銀をさせないのと銀が4四か2二のどちらに行くか見てから手を決められるのもありますね。

ソフトは▲4五桂△2二銀に▲5五角というすごい手を推奨していました。

△同銀▲同銀として、6四の歩を狙っていくということですね。

△6三金は▲7二銀があるので、受けるのは難しいです。

ただ角を渡しているので、かなり難しいと思いますが、あるにはあるようです。

スポンサードリンク

豊島八段vs澤田六段

澤田六段も反撃に出て、歩を突き捨てていきます。

▲同歩(▲7五歩)なら△6五桂と跳ねて、▲6八銀は△7六桂がありますし、▲6六銀は△8六飛▲同歩△同飛が十字飛車になります。

▲7六銀も△6六角~△5七桂成で後手が指せるので、銀が逃げられなくなります。

ということで、▲4四歩と玉頭を攻めていきました。

豊島八段vs澤田六段

▲1八角と遠見の角を打っていきました。

飛車をにらむことで、銀が動けなくなるので、△6五桂も防いでいます。

なので、△4一飛と避けましたね。

▲6四歩と角道を使って攻めていきます。

△3一玉と飛車道を通してきたところで、▲5四角△同歩▲4五銀と銀を進出させていきます。

豊島八段vs澤田六段

澤田六段もあやをつけにいきます。

▲同金(▲7六金)なら△6七角の金・銀両取りがかかります。

ということで、▲6六金とかわして、拠点を作りつつ金を玉から離すことに成功しました。

豊島八段vs澤田六段

激しい攻め合いになり、お互いかなり怖い形になりました。

ここで、△8五歩と攻めたほうが良かったようですが、△5三歩と受けて、豊島八段ペースになりました。

澤田六段が一方的に受ける展開になり、徐々に苦しくなっていきました。

豊島八段vs澤田六段

ここで澤田六段の投了となりました。

飛車を取れば、▲6五金△同銀▲5三角△同玉▲6三金△4二玉▲5二とで詰みとなります。

飛車を取れないとなると一手一手なので、投了やむなしです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*