順位戦A級プレーオフ 豊島将之八段vs広瀬章人八段の棋譜と結果!角換わり腰掛け銀


第76期順位戦A級プレーオフの豊島将之八段と広瀬章人八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は角換わりになって、相腰掛け銀になりました。

広瀬八段vs豊島八段

広瀬八段は6三金型ですね。

桂頭を守ることはできますが、薄いのが気になります。

ただ、この辺りは研究の範囲内でしょう。

▲6六歩に対して、△6五歩とすぐに突っかけていきました。▲同歩△同桂と攻めていく狙いですね。

ということで、▲4五桂と先に桂馬を跳ねていきました。

△4二銀▲6五歩と取り込んで、△4四歩と桂馬を狙っていきましたが、▲6四歩と突いていきます。

△同金なら▲7一角△5五飛といった展開ですね。

それもそれで、一局ですが、△6二金と引きました。

▲6六角△2二角▲3五歩。

広瀬八段vs豊島八段

桂馬は取られてしまいますが、手が作れれば十分ということですね。

桂馬を取って角交換してまた打ち直し、▲1五歩と豊島八段は端から手を作りにいきました。

スポンサードリンク

△同歩なら▲2四歩△同歩▲2三歩という狙いですね。△同金は香が取れますし、△1二金と寄れば、▲1五香から手が作れます。

なので、△3三角と合わせてまた角交換して、▲1四歩と取り込んでいきます。

△8六歩▲同歩と突き捨てて、△4四桂。

▲3四歩△同銀▲3五歩△同銀▲3六歩と銀を吊り上げていきます。

△同桂と取って、金に当たりますが、▲1三歩成から香を交換して、▲3八香と打ちました。

広瀬八段vs豊島八段

金を取るより銀を取られて王手になるほうが痛いですね。

玉が硬ければそこまで問題ではないですが、全く守り駒がいないので、苦しいです。

なので、△8八歩▲同金として、△6六歩。

▲同銀は△6五香と打って、銀を引いたらまた歩を打つ感じですね。

なので、▲2四歩△同金と突き捨てて、▲3六香△同銀と桂馬を取ります。

▲4三歩と垂らして、広瀬八段とだいだい同じような攻め筋ですね。

先に広瀬八段が攻めているとはいえ、広瀬八段の玉のほうが薄いので、どうかですね。

広瀬八段vs豊島八段

豊島八段は玉を引っ張り上げることに成功しました。

▲2六金と打って、△3四玉と引かせて、▲3六金と銀を取ります。

その後、龍も作って、下から攻めに行き、逃さないようにしました。

広瀬八段vs豊島八段

こうなると、さすがに受けがないですね。

△8八歩成▲同銀△6七銀と形作りをして、▲6二歩成で投了となりました。

以下、△8三玉なら▲9三金△8四玉▲9四金までです。

△同玉は▲6三金△同玉▲6一龍△6二歩▲6四香までとなります。

これで、豊島八段がプレーオフ3連勝ですね。

このまま豊島八段が名人挑戦を決めるのか、それとも誰かが止めるのか、どうなるか全く分からないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*