順位戦 広瀬章人八段vs豊島将之八段の棋譜と結果!横歩取り


第76期順位戦A級11回戦の広瀬章人八段と豊島将之八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は横歩取りになりました。

青野流や佐々木流ではなく、3六飛と引く形ですね。

それに対して、豊島八段は8四飛型にしました。

そこから、美濃囲いにして2四飛とまわり形にしました。

豊島八段vs広瀬八段

広瀬八段は▲6六銀と守りの銀を攻めに活用していきました。

その後、豊島八段も△3四銀とあがり、▲3七桂に△3五歩と合わせて、桂頭を狙っていきました。

▲4六角と歩を取り込んだら、飛車を取れるようにして、△4四角と豊島八段も角で切り返します。

豊島八段vs広瀬八段

飛車引いたときに、▲3五歩ととりこんでいきました。

△同銀▲同角△同角と銀と角を交換。

▲3六銀と打って、2七の地点にも効かせました。

歩を成り捨てて、△6五歩と突き捨てて、△5七角成▲同玉と角も切っていきます。

そして、△3五歩。

取れば、△3六歩と桂馬を狙っていきます。▲同銀は飛車が抜かれるので、取ることはできません。

ということで、▲4五銀とかわしました。

△7一玉と玉を囲って、▲8二角の筋も消しましたね。

広瀬八段は駒得しているので、急いで動く必要がないということで、▲2六歩としっかり傷を塞いでいきました。

スポンサードリンク

豊島八段vs広瀬八段

豊島八段は△5五角と動いて、▲4六歩に△4五桂と銀を取って、▲同桂△4四歩と桂馬を狙っていきました。

▲5三桂成と逃げることもできますが、それよりも角のほうが上ということで、▲5六歩と角を取りにいきました。

桂馬2枚と角の交換をして、▲3九飛と3筋から飛車を使っていきました。

豊島八段vs広瀬八段

ここに2枚も銀を使わせられたのは大きいですね。

豊島八段が歩しかなくなったので、かなり脅威が減りました。

△2六飛と走りましたが、▲6四桂と打って、▲8四歩と伸ばし、玉を攻めにいきます。

豊島八段vs広瀬八段

さすがに持たないということで、△6二香と受けましたが、▲3三飛成とぶった切って、▲8二角で投了となりました。

手数はかかりますが、詰みですね。

投了図以下はこんな感じになります。


横歩取りらしい激しい展開になり、広瀬八段が受けきった形ですね。

豊島八段が攻め急いだようにも見えますが、攻めないと悪くなってしまいますし、仕方ないという所でしょうか。

広瀬八段が無理に攻めさせた形で、広瀬八段の指し手がスゴかったですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*