竜王戦1組ランキング戦 渡辺明二冠と豊島将之二冠の棋譜速報!相掛かり


第32期竜王戦1組ランキング戦の渡辺明二冠と豊島将之二冠が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相掛かりになりました。

豊島二冠は角換わりを選ぶかと思いましたが、相掛かりでしたね。

ただ、そこから相腰掛け銀になって、形的には角換わりとほとんど変わらなくなりました。

4七金型vs2枚銀

渡辺二冠vs豊島二冠

渡辺二冠は4七金形にして、豊島二冠は4四銀と銀を2枚とも繰り出していきました。

通常の角換わりですと、飛車先が切れていませんので、4四銀には飛車先が切られてしまいますが、先に切れていれば銀をあげてしまっても問題ないということでしょう。

ただ、この銀をどう使うかは難しいところですね。

3五歩から仕掛けても、金がいるのであまり攻められる感じはしませんし、銀をぶつけて交換しても、すぐに使い道はなさそうですし。

この銀をどう活用するのかは見どころの1つでしたね。

開戦は歩の突き捨てから

渡辺二冠vs豊島二冠

豊島二冠は△9五歩▲同歩△7五歩と仕掛けていきます。

▲同歩なら△6五桂でしょうね。

▲6六銀なら△5五銀左とぶつけてしまって、▲同銀△同銀▲同銀で2枚替えになりますが、△7七歩▲同桂△同桂成▲同金△6五桂▲7八金△3九角で攻めが続きます。

銀損ぐらいは十分取り返せそうですね。

なので、取らずに▲8六銀とかわして飛車先も受けましたね。

渡辺二冠の反撃

渡辺二冠vs豊島二冠

スポンサードリンク

▲2二歩△同金の形にして、▲4五歩△3三銀と引かせて、▲2五桂と跳ねていきました。

2二金の形にしたことで、2二銀が消えましたね。

△2四銀は▲6六角で飛車・金両取りが決まりますので、△8一飛と引きました。

角換わりに対しての浮き飛車はこれが怖いところですよね。6六角の筋は常に気をつけないといけませんので。

銀を取られて、△同桂と3三桂の形になり▲3五歩と桂頭を狙われます。

△4五桂と逃げて、▲3四歩と取り込み、お互い拠点ができました。

ただ、桂馬が跳ねている分、豊島二冠のほうが守備力が弱いので、△3二歩と受けましたね。

急所の角打ち

渡辺二冠vs豊島二冠

▲6六角と打って、△4四角と合わせましたが、▲同角△同歩▲6六角ともう一回打ち直していきました。

ここが急所と見ているということですね。

ただ、歩があがった分、金に直通しなくなりましたので、一手余裕が生まれました。

その一手で▲7四桂と打って、金を取らせる分、銀を取ってどうかということですね。

継ぎ歩攻め

渡辺二冠vs豊島二冠

豊島二冠は△8五歩と継ぎ歩。

▲同歩△同桂なら攻めの形を作られてしまいますので、▲2二角成と攻め合いにいきましたね。

△8六歩▲同金△同飛▲8七歩と精算してしまって、金を取らせても豊島二冠の攻め手をなくします。

銀を呼び込む叩き

渡辺二冠vs豊島二冠

▲4三歩の叩きが絶妙な手でしたね。

逃げるのも危ないので、△同銀と取るしかないですが、▲3三金と打って、銀を引かせた分、玉が8筋方面に逃げたときに6三の地点が弱くなっているのが大きいですね。

また、なにかあったときにすぐに銀が取れる形になっているのも大きいです。

仕方なく豊島二冠も逃げましたが、手がないですね。

投了図以下

渡辺二冠vs豊島二冠

ここで、豊島二冠の投了となりました。

△9二玉で即詰みはありませんが、▲9四歩で一手一手ですね。

先手玉に迫る手もありませんので、投了やむなしです。

まさに最強同士という感じの素晴らしい将棋で、激しい攻め合いの見応えのある将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*