第49期新人王戦 藤井聡太五段vs古森悠太四段の棋譜と結果!角交換四間飛車


第49期新人王戦トーナメント戦の藤井聡太五段と古森悠太四段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

古森四段は角交換四間飛車にしましたね。

飛車先の歩を交換させて、逆襲する構想にしました。

藤井五段vs古森四段

後は、△2一飛とまわって、逆棒銀のような感じでしょうか。

藤井五段もそれに備えて、▲3七桂と跳ねましたね。

ただ、桂頭を守る駒がないので、△3五歩とすぐにとがめにいきました。

▲同歩△3六歩。

桂頭が弱いのは古森四段も同じということで、▲3四歩と伸ばしていきました。

お互い桂馬を取り合って、△2七歩と叩きました。

藤井五段vs古森四段

取ったら、△3五桂ですね。

藤井五段は取らずに、▲3八飛と寄って、△2九角▲4八飛△2八歩成となりました。

▲同飛は△4七角成が銀取りの先手ですし、▲同銀は△3六桂の両取りがあります。

ただ、どちらかを選ぶしかなく、藤井五段は▲同銀を選びましたね。

△3六桂に飛車が逃げたら結局角が成られてしまうので、▲5八金左。

左にしたのは、2筋から攻められるので、それを受けるためですね。

▲5八金右ですと、△2一飛▲2七歩と本譜のように進んだときに、△4八桂成▲同金△3八飛とガリガリ攻めていく手があります。

スポンサードリンク

▲5八金左なので、すぐには攻められないということで、△4四銀とあがってためました。

▲3九金と角を取りにいって、飛車を取ってから、△4七角成▲同金。

藤井五段vs古森四段

角は取れましたが、陣形がバラバラになったので、どうかですね。

ただ、飛車を打ち込むとこがないので、苦しそうです。

△2六歩▲同歩△同飛と動いて、▲4八金引と離れていた金をくっつけました。

△7六飛とまわりますが、▲7七桂と受けて、続かないですね。

△5五銀と活用しようとしましたが、▲9五歩と端からいきました。

藤井五段vs古森四段

歩がいっぱいあるので、2回叩いていきました。

△同香は▲8六桂~▲9四歩でしょうか。

なので、△同桂と桂馬で取りましたね。

▲9四歩ですと、△8五桂と跳ねられて、逆に攻められてしまいます。

なので、▲6八桂と飛車を狙っていきました。

△7四歩▲8六桂△3四飛と玉頭から飛車を逸らすことに成功しました。

△7五飛は▲7六歩で取られてしまうので、横に逃げるしかないですね。

そこで、▲9四歩と桂頭を狙っていきました。

△2七歩▲3七銀として、△7一玉と早めに逃げました。

藤井五段vs古森四段

端から攻められていて、端は守りようもないので、仕方ないですね。

桂馬を取って、▲7五角。

5三角成のほうが困るということで、△6二玉とあがり、▲9三角成。

△4二金と寄って、守りを固くしましたが、▲5六歩と藤井五段も冷静に銀取りにあてつつ馬道を通しました。

古森四段も△3六歩と打って▲2六銀△4六銀▲2五銀とあがった銀を活用していきました。

△3五飛と逃げましたが、▲2四角の飛車・金両取り。

藤井五段vs古森四段

ここで、古森四段の投了となりました。

飛車も金もどちらが取られても困りますし、両方とも守る手はないので、仕方ないですね。

藤井五段が正確に指し続けて、なすすべなしという感じでした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*