藤井猛九段のレグスペ!vs広瀬章人竜王 棋聖戦二次予選の棋譜速報


第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選の広瀬章人竜王と藤井猛九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

藤井九段は角交換振り飛車穴熊のレグスペを採用しましたね。

プロ間では、角交換に穴熊はスキができやすいので、あまり指されませんが、藤井九段が指すとうことは、かなり有力ということなのかもしれないですね。

広瀬竜王vs藤井九段

△6五歩に▲8五歩は突きたいところですね。

玉を圧迫できますし、▲3一角から馬もできますので。

先に△6四角と打ったり△5三銀と引いたりすれば、受けられますが、受けてくれるのであれば、それはそれでいいのかなと思います。

藤井九段は馬は作られても問題ないということで、△7一金と囲いを完成させ、広瀬竜王としても角はいつでも打てるということで、▲4五桂を優先しました。

突き捨ててから角打ち

広瀬竜王vs藤井九段

広瀬竜王は2筋を突き捨ててから、▲3一角と打っていきました。

先に突き捨てることで、△同歩の一手に限定できます。

先に▲3一角ですと、飛車が逃げられて、▲2四歩は無視されて△5六歩など他の手に使われてしまいます。

飛車が2筋にいると、取らなければ、▲2三歩成ですぐに飛車取りになりますので、逃げるしかないありませんし、と金を捨てて飛車が成りこんでいけば、先手のほうが早くなります。

ただ、先に突き捨てたことで、△2三飛と逃げられるようにはなっていますね。

スポンサードリンク

その場合、▲4二角成からすぐに飛車が追えそうですので、△2三飛も特に問題なさそうです。

ということで、藤井九段は△3二飛として、5六歩を楽しみにしていきましたね。

できることなら、△5二飛と戦場になりそうな5筋に回りたいですが、▲2四飛と走られて、先に龍を作られてしまいますので、マズそうです。

一歩も引かない攻め合い

広瀬竜王vs藤井九段

お互い受けずに攻め合いになりました。

攻め合いなら固い穴熊が生きてきそうですが、どうですかね。

△4七桂成▲同金△4六銀▲同金と吊り上げて、△5七歩成。

5三(七)のと金に負けなしとも言われますし、かなり迫力があります。

広瀬竜王も▲5三歩から切り返して、飛車を止めにいきます。

広瀬竜王vs藤井九段

ここで、△6八とを入れたほうが良かったようです。

▲同玉なら△5五飛▲同金△5一歩と受ける手があったみたいです。

▲同龍は△2四角の王手龍が入りますので、これで先手の攻めが難しくなります。

△6八とに▲同馬なら△5四歩で香を取りにいきます。

ただ、▲8三歩から金が抜かれますので、後手としてもそれほどゆっくりはしていられないですね。

藤井九段は△8五香を入れたかったみたいですので、それなら△同飛と取るしかないですね。

広瀬竜王の強烈な一手

広瀬竜王vs藤井九段

▲7一龍とバッサリ切られて、キツかったですね。

△同銀は▲8三桂で銀も取られて、玉が丸裸になります。

あとは飛車・金・銀2枚ありますので、一手一手ですね。

取れないということで、△8三銀打と受けましたが、▲8二龍△同玉▲6一飛と打たれて、藤井九段の投了となりました。

投了図以下

広瀬竜王vs藤井九段

現状は▲7一銀△7二玉▲6二金△同金▲同飛成までの詰めろですね。

△6八とで金が拾えますので、△7二金で受かるには受かりますが、▲6四桂で金駒を狙われて、少しずつ剥がされてしまいそうです。

穴熊が一瞬で崩壊する広瀬竜王の鋭い攻めがスゴかったですね。

さすが、竜王です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*