朝日杯Dブロック 羽生善治2冠・糸谷哲郎八段・八代弥六段・高見泰地五段の中継と日程


第11回朝日杯将棋オープン戦 本戦のDブロックが行われます。

Dブロックには、羽生善治2冠、糸谷哲郎八段、八代弥六段、高見泰地五段による対局になります。

強豪ぞろいで、決勝と言われても何ら不思議のない棋士ばっかりです。

この中から1人しかあがっていけないんですから、大変ですよね。

見ている側からすると、最強同士の対局なので、かなり面白いですね。

スポンサードリンク

日程

朝日杯オープン戦Dブロックは、2018年1月13日(土)10時から行われます。

持ち時間は各40分で、切れたら1分の秒読みとなります。

先後は当日に振り駒によって決めます。

対局は、

10時~

羽生善治二冠vs高見泰地五段
糸谷哲郎八段vs八代弥六段

14時~

勝者vs勝者

です。

中継

中継は、ニコニコ生放送とAbemaTVにて行われます。

・ニコニコ生放送

解説は、深浦康市九段で、聞き手は千葉涼子女流四段です。

・AbemaTV

AbemaTVはこちら

スポンサードリンク

解説は、広瀬章人八段と藤森哲也五段で、聞き手は、鈴木環那女流二段と山口恵梨子女流二段です。

戦型予想

まずは、羽生二冠と高見五段の戦型を予想したいと思います。

基本的には相居飛車の将棋になると思います。

羽生二冠は、オールラウンダーなので、居飛車だけでなく振り飛車も指しますが、居飛車が多いですね。

なので、居飛車にすると思います。

高見五段は矢倉を好まれていますので、矢倉にするかもしれません。

それに対して、羽生二冠がどうするかですね。相矢倉にするのか、雁木にするのかですが。

雁木もかなり指していますので、雁木でしょうか。

羽生二冠の雁木で、高見五段の矢倉になるのではないかと思います。

続いて、糸谷八段と八代六段の戦型を予想したいと思います。

こちらも相居飛車の将棋になると思います。

角換わりや横歩取りを混んでいる印象なので、そういった将棋になりそうです。

40分と早指しなので、早く決着をつけたい場合は横歩取り、気にせずにじっくり組むのであれば、角換わりにしそうですね。

横歩取りの場合、両者とも合わないと横歩取りになりませんので、確率としては角換わりのほうが高そうです。

ということで、予想は角換わりということにしたいと思います。

どちらの対局も面白そうですし、その次の勝者同士の対局もかなり気になります。

全部面白い対局になりそうなので、目を離せません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*