順位戦A級1回戦 羽生善治九段vs佐藤天彦九段の棋譜速報!相掛かり


第78期順位戦A級1回戦の羽生善治九段と佐藤天彦九段が対局した棋譜です。


スポンサードリンク

本局は相掛かりになりましたね。

羽生九段は猫式縦歩取りにしました。

羽生九段vs佐藤九段

3四歩を突いていない状態で、▲3六飛と寄るのが猫式縦歩取りですね。

飛車が猫で3三の歩がねずみに見立てて、動いたら取るよということでそういう名前になっています。

ひねり飛車にするときに指す手ですね。

3六飛と寄っておくことで、▲7六歩と突いて、△8六歩▲同歩△同飛のときに▲7五歩と飛車がぶつけることもできます。

2六飛の形でやると飛車が取られてしまいますが、3六飛ならヒモがついているということですね。

佐藤九段は早繰り銀にしました。

角交換して角打ち直し

羽生九段vs佐藤九段

佐藤九段は△1三角と合わせて角交換して、羽生九段は再び▲5七角と打ち直します。

佐藤九段はこの応手が分からなかったとのことでした。

ソフトは△2四角と再び合わすか△8四桂と桂交換するかといった感じでした。

△2四角に▲同角△同歩となれば、△1五歩~△2五歩と飛車を狙いにいけますし、△5七角から馬を作る狙いもあります。

スポンサードリンク

なので、▲同飛△同歩▲7五歩と桂頭を狙ってどうかという展開のようです。

△8四桂は桂交換して、狙われそうな桂を先にさばいてしまおうということですね。

どちらも、見た目的にそこまで良くなる変化ではありませんし、難しい将棋ですね。

桂頭を狙って飛車交換へ

羽生九段vs佐藤九段

羽生九段は桂頭を狙っていき、△8五桂から桂交換になります。

▲7三歩成△同金と吊り上げて、▲8六飛とぶつけて、飛車交換になります。

佐藤九段も飛車交換になって、「形勢が悪化している」とツイートされていますが、羽生九段のほうが金銀の連結がしっかりしているのに対して、佐藤九段は金がうわずってしまっていて、飛車の打ち込みに弱い形ですね。

▲7一飛で金が取られてしまいますし、5一角で受からなくもないですが、ここに角を使うと攻め駒が足りなくなってしまいます。

控えの桂の手筋

羽生九段vs佐藤九段

羽生九段は▲3六桂と次に桂馬を跳ねて金を狙っていきます。

佐藤九段はここで△3一金と冷静に引いたほうが粘れたと振り返られていました。

▲9八香には、△2六桂と攻める手もありますし、△4五銀とためる手もあって、後手も十分指せるようです。

以下は佐藤九段が攻め込みますが、羽生九段が余して、勝ちとなりました。

投了図以下

羽生九段vs佐藤九段

ここで、佐藤九段の投了となりました。

以下、△同玉は▲2一龍△2二金▲1四銀△同玉▲2六桂△2三玉▲1四金で詰みとなります。

▲△3二玉は▲2一龍△4三玉▲4四香△5四玉▲6六桂△4五玉▲3六銀△5五玉▲4五金△6五玉▲5六銀打△6四玉▲6五香までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*