第66期王座戦一次予選 藤井聡太四段vs豊川孝弘七段の棋譜と結果!雁木vs早繰り銀


第66期王座戦一次予選の藤井聡太四段と豊川孝弘七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は、豊川七段が雁木にしましたね。

それに対して、藤井四段は早繰り銀で攻めにいきました。

藤井四段vs豊川七段

雁木には早繰り銀が有力というのは、ソフトも言っているので、かなり有力なんだと思います。

ここで、▲3五歩といきなり仕掛けにいきました。

ソフトも▲3五歩を推奨していて、仕掛けは成功しているようです。

△同歩は▲4六銀とあがって歩を狙っていくんですね。

そこで、△3六歩とさらに伸ばして、▲3五銀なら△3七歩成▲同桂△3六歩という切り返しがあります。

なので、▲2六飛と浮いてどうかですね。

ただ、豊川七段は取らずに、△5三銀とあがりました。

▲3四歩と取り込んで△同銀▲3八飛とまわって、3筋から攻めにいきました。

藤井四段vs豊川七段

銀が浮いたので、その銀を狙いにいったんですね。

2五の歩は取られてしまいますが、取ると守りに効かなくなってしまうので、あまり取りたくはないです。

豊川七段も取らずに△4五歩と突いて、角道を開けつつ、銀を出させないようにしました。

▲8八銀とあがって、角交換されても、銀で形よく取れるようにしました。

△4四銀とさらに盛り上がっていき、上から押しつぶしていく狙いでしょうか。

藤井四段vs豊川七段

なんとか押さえ込みにいきましたが、▲4七金と金も攻めに使っていきましたね。

△3四銀上と取って、▲同銀△同銀▲3六飛△4五銀ともう一回あがりました。

スポンサードリンク

引いたらまた抑え込まれるので、▲6六飛とまわりましたね。

△5四銀と飛車成りを受けて、▲3七桂と桂馬を活用していきました。

藤井四段vs豊川七段

ただ、飛車が狭くなって、角との交換になりましたね。

おそらく、交換はむしろ望んでいたんじゃないかと思います。

居玉で守り駒も金だけですので、飛車を勝てると読んでいたんじゃないでしょうか。

とは言え、飛車を渡した分、反動も厳しいですね。

藤井四段vs豊川七段

飛車2枚で攻め込まれました。

▲8六歩△4五飛と受けてから、▲1一角成と反撃。

豊川七段も受けても仕方ないということで、攻め続けて、激しい攻め合いになりました。

藤井四段vs豊川七段

藤井四段の攻めのほうが速く、厳しい手で攻めていきました。

この銀捨てもさすがですね。

△同歩は金が取られるので、△同金しかなく▲同歩成△同飛で、▲5四香と走りました。

そこからなんとか粘ろうとしましたが、受けきれませんでした。

藤井四段vs豊川七段

この最後の歩打ちも見事ですね。

飛車の利きを止めて、▲6三桂不成の詰みをみています。

△3一金と馬を取っても、▲6三桂不成△4一玉▲5一金△同金▲同桂成△同玉▲6二金△4一玉▲5二金までの詰みです。


もう受けがないということで、投了となりました。

序盤の仕掛けから終盤まで全くスキがなかったですね。豊川七段も勝負手で切り替えしましたが、藤井四段は全く動じず…

さすがですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*