第76期名人戦第5局 羽生善治竜王vs佐藤天彦名人の棋譜と結果!横歩取り


第76期名人戦七番勝負第5局の羽生善治竜王と佐藤天彦名人が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は横歩取りになりましたね。

青野流や佐々木流ではなく、▲3六飛と引く形で、佐藤名人の最も得意とする8四飛型になりました。

羽生竜王は相手の得意戦法で受けて立つことをよくしますので、羽生竜王らしいといえばらしい戦い方ですね。

羽生竜王vs佐藤名人

よくある形ですね。

美濃囲いを作って、ひねり飛車のように飛車を回ります。

スポンサードリンク

▲8二角も見えますが、△6四角に▲3七桂なら△4五桂で飛車を狙っていけばいいですし、▲3七銀でも△4五桂▲4六銀△2六歩▲3八金△4六角▲同歩△2七銀で後手が十分です。

先に▲3七桂と跳ねて、△6四角には▲2九飛とかわす手もありますが、羽生竜王は▲6六銀とあがりましたね。

△4六角には▲3七角と合わせるのでしょう。

羽生竜王vs佐藤名人

佐藤名人は桂馬を狙って、羽生竜王は角を狙っていきました。

角が逃げたら、歩を打った意味がなくなってしまうので、△3七歩成しかないですね。

羽生竜王も手を戻せば角が逃げられるので、角を取るしかなく、角と桂・銀の交換になりました。

2枚替えではありますが、玉を引っ張り上げられたので、まだわからないですね。

羽生竜王vs佐藤名人

羽生竜王は銀交換して、飛車を取りにいきました。

飛車は取れますが、金・銀取られるので、厳しいですね。

羽生竜王vs佐藤名人

羽生竜王は▲4一飛とおろしていきました。

ただ、△4三桂と角取りの先手で受けられて、▲3三歩成△3五桂▲3二とと金を取りましたが、△5七銀と打たれて、羽生竜王の投了となりました。

以下、▲6九玉△6八銀打▲同金△同銀成△5九角▲7九玉△6八銀▲8八玉△7七金▲同桂△同銀成▲9八玉△8八金までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*