第91期 ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第三局 渡辺明棋聖vs藤井聡太七段の対局速報


渡辺明棋聖vs藤井聡太七段

第91期 ヒューリック杯棋聖戦五番勝負にて、渡辺明棋聖と藤井聡太七段の第三局が行われます。

第1局、第2局とも矢倉になり、藤井七段が勝利しています。

次に藤井七段が勝利しますと、棋聖奪取となります。

ただ、相手は渡辺棋聖ですからね。

第19期竜王戦の渡辺竜王と羽生三冠戦で、羽生三冠が3連勝して、後1勝で竜王というところで、4連勝したのを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

「私は下馬評を裏切るだろう」という言葉も印象的でした。

それだけでなく、第42期棋王戦では渡辺棋王と千田六段戦で、渡辺棋王の1勝、千田六段の2勝と後1勝でタイトルというところまで追い詰めましたが、渡辺棋王の2連勝で防衛しました。

ピンチのときに力を発揮するのが渡辺棋聖ですし、最後までどうなるか分かりません。

目が離せない一番です。

スポンサードリンク

成績とレーティング

渡辺明棋聖

今年度成績:2勝4敗(勝率:33.3%)
通算成績:659勝335敗(勝率:66.3%)
レーティング:1913
順位:3位

<戦型選択>

居飛車:95.6%
 矢倉:12.2%
 角換わり:29.3%
 横歩取り:8.3%
 相掛かり:14.1%
 力戦:18.5%
 対抗系:13.2%

振り飛車:4.4%
 中飛車:3.4%
 ノーマル四間飛車:0.5%
 向かい飛車:0.5%

スポンサードリンク

藤井聡太七段

今年度成績:11勝1敗(勝率:91.7%)
通算成績:180勝33敗(勝率:84.5%)
レーティング:1980
順位:1位

<戦型選択>

居飛車:99.0%
 矢倉:12.0%
 角換わり:30.0%
 横歩取り:4.5%
 相掛かり:13.5%
 力戦:12.0%
 対抗系:27.0%

その他:1.0%

棋聖戦第三局 渡辺明棋聖vs藤井聡太七段の日程

2020年7月9日(木)9時から対局が行われます。

持ち時間は各4時間です。

第1局の振り駒の結果、藤井七段の先手番となりましたので、第3局も第1局と同じ藤井七段の先手番となります。

棋聖戦第三局 渡辺明棋聖vs藤井聡太七段の中継

中継はAbemaTVにて、行われます。

AbemaTVはこちら

解説は森内俊之九段と高見泰地七段で、聞き手は室田伊緒女流二段と中村桃子女流初段です。

戦型予想

第1局、第2局とも矢倉でしたので、第3局もこのまま矢倉というのも考えられますね。

解説も矢倉を得意としている森内九段と高見七段ですし、このお二方から渡辺棋王と藤井七段の矢倉の解説が聞けたら、最高ですね。

なので、予想は矢倉とします。

ただ、藤井七段は角換わりが得意ですし、角換わりも十分考えられます。

藤井七段がどう考えるかですね。

序盤から注目です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*