順位戦C級2組 藤井聡太四段と星野良生四段の対局中継と日程


第76期順位戦C級2組の藤井聡太四段と星野良生四段の対局が行われます。

順位戦は、今5局目ですね。

全部で10局ですので、ちょうど半分まで来ました。

藤井四段は今のところ、4戦全勝で、星野四段は1勝3敗です。

勝敗だけ見ると、藤井四段の方が上ですが、組み合わせの問題もありますし、そこまで当てにはならないかなと思います。

同じプロですし、面白い対局がみえると思います。

また、順位戦はすでに先後が決まっていて、星野四段が先手です。

スポンサードリンク

日程と中継

日程は、2017年10月12日木曜日午前10時から行われます。

持ち時間は各6時間で、1日かかる対局ですね。

昼食休憩が12時~12時40分
夕食休憩が18時~18時40分

中継は、ニコニコ生放送とAbemaTVです。

・ニコニコ生放送

解説は田村康介七段で、聞き手は安食総子女流初段です。

・AbemaTV

>>AbemaTVはこちら

解説は、中川大輔八段、杉本昌隆七段、千葉幸生六段で、聞き手は本田小百合女流三段、宮宗紫野女流初段です。

戦型予想

星野良生四段といえば、ゴキゲン中飛車に対して超速3七銀を開発した棋士ですね。

スポンサードリンク

これで、升田幸三賞も受賞しています。

今、ゴキゲン中飛車に対して、一番主流になっている戦法ですからね。

升田幸三賞の受賞も納得ですね。

ちなみに、藤井四段とは竜王戦で一度対局しています。

そのときは矢倉戦になり藤井四段が勝ちました。

星野四段が角換わりを避ける形で矢倉になりましたが、角換わりが嫌なのか藤井四段が相手だから避けたのか…

難しい所ですね。

また、星野四段は超速3七銀を開発した居飛車党ではありますが、振り飛車も指したりしています。

なので、振り飛車にすることも十分考えられます。

角換わりを避ける場合は、また矢倉にするか振り飛車にするかですね。

星野四段が先手ですので、矢倉にするのであれば持っていきやすそうな気がします。

ガチガチの矢倉になるか、藤井四段が急戦調ですぐに仕掛けていくかは難しい所ですが。

最近はすぐに仕掛けていくことが多いですよね。

それも攻め手が一つではなく、桂馬で攻めにいったり右四間飛車にしたりと色々引き出しがあるんですよね。

もしかしたら、また新たな仕掛けが見られるかもしれませんので、それはそれで見てみたい気がします。

ということで、個人的には矢倉になってもらいたいです。

どうなるでしょうね。

1度戦っていることもありますし、何かしら藤井四段対策も考えてくるのではないかと思うので、星野四段の手にも注目したいです。

>>竜王戦の藤井四段と星野四段の対局はこちら

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*