順位戦B級1組12回戦 斎藤慎太郎王座と菅井竜也七段の棋譜速報!角交換振り飛車


第77期順位戦B級1組12回戦の斎藤慎太郎王座と菅井竜也七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わり模様から、菅井七段が振り飛車にしましたね。

斉藤王座vs菅井七段

△5四歩に▲3三角成△同銀と角交換していきました。

角交換に5筋の歩は突くなという格言もありますからね。

隙のできやすい5四歩に角交換は自然ですね。

すぐに▲5三角も見えますが、△5五角の飛車・香両取りが受かりませんので、まずは5五角を受ける必要があります。

ということで、斉藤王座は▲8八銀とあがりました。

今度は、△5五角に▲3七銀とあがることで、飛車取りを受けつつ、飛車の横利きが通って銀取りも受けることができます。

菅井七段は△5二飛と回って、5三角を受けましたね。

そこからは穏やかな展開になって、駒組みとなりました。

地下鉄飛車構想

斉藤王座vs菅井七段

斉藤王座は下段飛車で9八香とあがって、9九飛と回る地下鉄飛車構想ですね。

ただ、▲9九飛と回ってしまうと、△2四歩から攻められてしまいますので、先に▲9五歩と動いて、いいタイミングで▲9九飛と回ろうということですね。

戦いが起こってからなら、△2四歩よりも先に攻めれますので、勝ちになります。

△9五同歩▲同銀△同香▲同香となりました。

△9五同歩を▲同香と取ってしまうと、△9三歩と打たれて、銀も香も前に進めなくて、これ以上攻められなくなってしまいますので、▲同銀と取るのが手筋ですね。

棒銀でも端から攻めるときに銀から取りますが、それと同じですね。

ただ、次の菅井七段も指した△8六銀がイヤということで、ソフトは▲9五同銀と取らずに▲同香を推奨していました。

△8六銀を消すために▲8七玉を入れてから▲9五歩と仕掛けるのもあったでしょうか。

スポンサードリンク

▲8七玉が入っていれば、ソフトも▲9五同銀推奨で、全くの互角だったようです。

ただ、▲8七玉に菅井七段から手があったらイヤなので、難しいところですね。

ソフトは△4八角から動く手があるということで、以下、▲3八銀△2五桂▲同桂△1五角成と馬を作ってどうかですね。

それでも全くの互角ですが、動こうとしたときに先に動かれて、ちょっと損した感じもします。

桂頭攻めから反撃

斉藤王座vs菅井七段

菅井七段は△3五歩から反撃に出ました。

▲同歩なら△3六歩ですね。▲同銀△5八角▲2六飛△6七角成▲同金△8七金から一気に崩壊してしまいます。

ただ、△3六歩に▲4五桂があるようで、△同歩なら▲3四歩で逆に桂頭攻め。△同桂なら▲同歩で、△3七歩成には▲1五角の両取りがあります。

▲4五桂も手抜いて△3七歩成もありますが、▲3三桂成△同金▲1五角の両取りがかかりますので、同じですね。

斉藤王座は▲9二香成△7一玉▲6八金寄と5八角の筋を消しました。

ただ、△2四歩から攻め続けて、▲同歩なら△4八角の筋ですね。

それも難しい将棋でしたが、▲3五歩△4八角となりました。

斉藤王座に誤算か

斉藤王座vs菅井七段

この辺りは、斉藤王座に誤算があったのではないでしょうか。

▲3八銀があまり受けになっていませんでしたので。

と金も作られて、桂銀取られる展開になってしまいましたので、単に▲3八銀を入れずにすぐに▲8九飛としたほうがまだいいような感じがします。

それでも悪くなってしまいますので、▲3四歩から攻め合いにしたほうが良くなった気がします。

斉藤王座も当然読んだと思いますが、なんかイヤな筋があったのでしょうね。

斉藤王座の勝負手

斉藤王座vs菅井七段

斉藤王座は菅井七段の玉に迫っていきましたが、△6二銀と受けられて、続かないですね。

▲4四角成とするしかなく、△6七香と厳しい手が飛んできます。

▲同金なら△6九銀で金を抜かれます。

▲5七金とかわしましたが、△5九馬と入られて、苦しいですね。

投了図以下

斉藤王座vs菅井七段

ここで、斉藤王座の投了となりました。

以下、▲同玉△7七馬▲9八玉△9七歩▲同玉△8六馬▲同玉△8五香▲同玉△7三桂▲9六玉△9五飛▲同玉△8五金▲9四玉△8二桂までとなります。

斉藤王座の攻めに乗じて、うまく菅井七段が反撃しましたね。

この辺りは振り飛車の真骨頂という感じで、菅井七段の技が光りました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*