第61期王位戦七番勝負第四局 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の対局速報!中継と日程


第61期 王位戦 七番勝負 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の第四局が行われます。

  • 第1局は角換わり腰掛け銀で、藤井棋聖の勝利。
  • 第2局は相掛かりで、藤井棋聖の勝利。
  • 第3局は藤井棋聖の土居矢倉に木村王位の矢倉で、藤井棋聖の勝利。

藤井棋聖の3連勝中です。

次の第4局を藤井棋聖が取りますと、王位を奪取となります。

木村王位としては、なんとしてでも勝つしかないですね。

藤井棋聖が二冠となるのか、木村王位が粘りを見せるのか、第4局が注目です。

スポンサードリンク

成績とレーティング

木村一基王位

今年度成績:6勝5敗(勝率:54.5%)
通算成績:661勝385敗(勝率:63.2%)
レーティング:1785
順位:11位

<戦型選択>

居飛車:100.0%
 矢倉:11.1%
 角換わり:29.2%
 横歩取り:11.1%
 相掛かり:31.9%
 力戦:6.9%
 対抗系:9.7%

藤井聡太棋聖

今年度成績:18勝3敗(勝率:85.7%)
通算成績:187勝35敗(勝率:84.2%)
レーティング:1982
順位:1位

<戦型選択>

スポンサードリンク

居飛車:100.0%
 矢倉:14.2%
 角換わり:35.8%
 横歩取り:2.5%
 相掛かり:15.0%
 力戦:15.8%
 対抗系:16.7%

王位戦 第四局 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の日程

2020年8月19日(水)9時から対局が行われます。

王位戦は2日制で、8月20日(木)9時に封じ手から再開されます。

持ち時間は8時間です。

先後は木村王位の先手番となります。

王位戦 第四局 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の中継

中継はAbemaTVにて、行われます。

1日目

解説は橋本崇載八段と三枚堂達也七段で、聞き手は山口恵梨子女流二段と山根ことみ女流二段です。

2日目

解説は藤井猛九段と村山慈明七段で、聞き手は中村桃子女流初段と和田あき女流初段です。

戦型予想

木村王位が先手番ですので、木村王位が戦型を選べます。

木村王位が質問に対して、「作戦的に準備して参りました」と話していましたので、その作戦というのが何なのかですね。

戦型そのものなのか、ある変化についてなのか。

おそらく、戦型は決めているでしょうし、ある程度進んだ上での変化のことでしょう。

木村王位は相掛かりを得意とされていますし、第2局と同様に相掛かりにすると思います。

木村王位の作戦とは一体何なのでしょうか。

そこにも注目です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*