渡辺明棋王vs千田翔太六段の棋譜速報!朝日杯将棋オープン戦準決勝


第12回朝日杯将棋オープン戦準決勝の渡辺明棋王と千田翔太六段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相雁木になりまして、千田六段は自由な構想で、右玉にしました。

渡辺棋王vs千田六段

8三金とあがって、7二玉と右玉にして、すごい構想ですね。

金をどうするかがポイントになってきそうですね。

棒金として攻めに使うのか、受けに使うのか。

ただ、受けに使うなら下にいたほうが効きますので、攻めに使っていく狙いだったんでしょうか。

千田六段らしい、すごい将棋ですね。

軽すぎる端攻め

渡辺棋王vs千田六段

渡辺棋王は右四間飛車にして、千田六段は△1五歩と端から動いていきます。

ただ、桂馬が跳ねているので、角も通っていませんし、さすがに攻められない気がしますが、どうなんですかね。

△1二香~△1一飛まで入っていれば分かりますが、渡辺棋王は許さないでしょうね。

攻めの形ができていますし、先に仕掛けられると思います。

なので、ここで行くしかなかったということなんですかね。

以下、▲1五同歩△3五歩▲同歩△1五香▲同香と香損で、△3六歩と桂馬を取りにいきます。

ただ、▲1八飛とまわられて、端に利かすことはできませんので、破られてしまいます。

銀が取れないと苦しいか

渡辺棋王vs千田六段

桂交換になって、△4五同歩と銀を取りたいところですね。

取ると、▲4四歩△5二銀▲1二飛成が金取りの先手で入ります。

スポンサードリンク

それを嫌って、△4七と▲同金と捨てて、△5五桂を狙っていきました。

ただ、▲5六銀引が桂馬を受けつつ逃げられて、味がいいですね。

角を取る歩打ち

渡辺棋王vs千田六段

△1六歩と捨てていきました。2歩あれば▲同飛△1五歩でいいですが、歩切れですので、ここでどうするかでしたが、△5五金と打っていきました。

これで、▲8八角と逃げたりしますと、△6五桂と歩を取って、5七桂成と1五歩を見せていく狙いですね。

なので、▲同角と取って、▲1二飛成と龍を作りました。

暴れる千田六段・冷静な渡辺棋王

渡辺棋王vs千田六段

渡辺棋王はゆっくりと成香が寄っていけば自然と寄りますので、その前に千田六段は暴れていくしかないですね。

ということで、桂馬を跳ねて、角も打っていきましたが、渡辺棋王は金も打って冷静に受けました。

△8六角~△5八角成▲同銀△5九角成は入りますが、▲6七銀と逃げられて、続かないですね。

控えの桂の手筋

渡辺棋王vs千田六段

▲8六桂は対抗系でよく出てくる手で、居飛車党も振り飛車党も将棋を指すなら必修かなと思います。

千田六段は右玉ですので、対抗系ではありませんが、玉が7筋・8筋にいるので、対抗系と攻め方は似ています。

次に7四桂と跳ねて、銀取りで7一や5一に逃げると、2一龍と入れるようになりますし、5三銀には怖いですが6八金~8二金と飛車を取ってしまう手もありますね。

7四桂には逃げても攻められ続けるだけですので、逃げないのが正解ですね。

ということで、千田六段も攻め続けます。

渡辺棋王vs千田六段

銀を外して、▲同金なら△8六馬からかなり怖い形にできますが、▲5四桂から攻められて、詰みとなりました。

投了図以下

渡辺棋王vs千田六段

ここで、千田六段の投了となりました。

以下は△6四玉▲6五銀△5三玉▲5二龍△4四玉▲3四金までとなります。

千田六段は8三金の悪形がたたってしまったでしょうか。

渡辺棋王がうまくとがめたというのもありますが、飛車を止めるだけになってしまって、7三金と飛車先を通すのに1手必要になったのが苦しかったように思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*