詰将棋3手詰め!初心者向けの簡単な問題【金で詰まそう】


金で詰ます3手詰めの詰将棋問題を作りました。

「金はとどめに残せ」という格言もあり、金での詰みが一番分かりやすいですし、基本になります。

金の詰みが分かるだけでも、かなり玉を詰ませやすくなりますので、棋力向上に役立つと思います。

簡単な問題ばかりですので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク

一番の基本形

詰将棋3手詰め

玉方:1一玉
攻め方:3三飛
持ち駒:金

盤上には飛車一枚しかありません。

ただ、持ち駒に金があることで、盤には飛車しかいなかったとしても、玉を詰ませることができます。

解答と解説

解答:▲1三飛成△2一玉▲2二金 まで3手詰め。

1三飛成と玉の前でなります。

玉から前後左右1マス空いた位置に龍がいることを一間龍という形で、これも詰みの形の基本になります。

△2一玉と逃げても▲2二金で詰みます。

玉の頭に金を打つことを頭金と言って、詰みの形の一番の基本形です。

頭金は玉が上に逃げられませんので、玉が下段にいれば、詰みとなります。

玉は基本的に下段にいることが多いので、頭金での詰みはかなり多いです。

なので、頭金を覚えておくだけでも、詰みやすくなります。

詰将棋の問題は、▲1三飛成に△2一玉と逃げるのではなく、△1二金と合駒するのも考えられますね。

これに対しては、▲2二金で詰みとなります。

△同金と取ってしまうと、龍の効きが通って、玉が取れてしまいます。

金は動かせませんので、玉も逃げられず、詰みです。

これが一間龍の強さで、間に打った駒の効きをなくすことができます。

そのため、一間龍の形もかなり詰みやすくなります。

スポンサードリンク

ちょっと応用編

詰将棋3手詰め

玉方:2一玉、2二角、3一銀、3二金
攻め方:2三桂、3四角
持ち駒:金

先ほどよりも盤上の駒が増えたことで、考えることも増えて、複雑になったのではないかと思います。

しっかり玉が守られていて、硬くみえますが、弱い所を見つけられると、すぐに寄せることができます。

弱点はどこでしょうか。

解答と解説

解答:▲1一桂成△同角▲1二金 までの3手詰め。

桂馬が角道を止めて邪魔駒となっています。

桂馬さえいなければ、1二金までの一手詰めになりますので、▲1二桂成とタダで桂馬を成り捨てることがポイントです。

後は△同玉でも△同角でも▲1二金で詰みとなります。

タダで捨てるよりも銀を取ったほうが得ということで、▲3一桂成としてしまいますと、△同玉とされて、反対に逃げ道が広がってしまいます。

なので、逃さないために1一で成ることが大切です。

最終問題

詰将棋3手詰め

玉方:1一香、2一玉、3一金、3二金
攻め方:2三銀
持ち駒:桂、金

最終問題です。

攻め方の駒は盤上には銀しかありませんが、持ち駒に桂馬と金があります。

この2枚を使って、どう寄せるかという問題になります。

解答と解説

解答:▲1三桂△同香▲1二金 までの3手詰め。

▲1三桂△同香と香を吊り上げることで、香の働きを悪くすることができます。

香は下段にいると、8マス動けますが、上にあがると、その分、動けなくなります。

なので、働きが悪くなるということですね。

後は▲1二金と香の裏に金を打つことで、詰みとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*