実践形詰将棋 3手詰め簡単な問題


実践で出てくるような形の詰将棋問題です。

簡単な問題ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

実践詰将棋3手詰め

玉方:7三歩、8一桂、8三歩、9一香、9三玉、9四歩
攻め方:7二龍、8五歩
持ち駒:金二

対抗形で美濃囲いを崩した後に玉が逃げ出そうとしたときに、こういった局面になることがあると思います。

こういった局面で、しっかり寄せられるか、逃げられてしまうかが勝負の分かれ目となります。

詰将棋のヒント

角や銀があれば、下から王手をかければ簡単ですね。

角の場合は、▲7一角まで。

銀の場合は、▲8二銀△9二玉▲8一龍まで。

問題はその下から王手がかけられる角や銀がなく、金しかないという点ですね。

スポンサードリンク

同じように▲9二金と下から王手をかけても、△同香と取られてしまい、続きません。

実践では、欲しい駒がないということも良くありますし、そういった中で、どうすればいいのかということも、ぜひ考えてみてください。

解答と解説

解答:▲8四金△同歩▲8三金 まで3手詰め。

実践詰将棋3手詰め

8三の歩さえなければ、8三金の一手詰めとなります。

その8三歩を退かすための手が▲8四金という手ですね。

実践詰将棋3手詰め

△同歩と取らせることによって、8三に空間を作ることができます。

後は▲8三金とできた空間に金を打つことで、詰みとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*