石田流本組の最新対策!棒金+エルモ囲いが優秀すぎる


振り飛車の理想形とされる石田流本組。

石田流本組対策の棒金

理想形とされるだけあって、組まれると、なかなか攻めるのが難しいですよね。

左美濃や銀冠にして、持久戦にするのも1つですが、手を作るのは容易ではありません。

そこで、石田流本組対策として昔からあるのが金で攻める棒金。

棒金は石田流本組に有力ではありますが、金を攻めに使ってしまうため、自玉が薄くなってしまい、反動が厳しいです。

さらに、ソフトが新しく生み出した囲い、エルモ囲いにすることで、美濃囲いぐらいの硬さがあり、攻めやすく硬さもあり、石田流本組にも指しやすくなります。

ということで、今回はその石田流本組対策に、棒金にエルモ囲いを組み合わせた攻め方を紹介します。

スポンサードリンク

早めに攻めの形を作る

石田流本組対策の棒金

エルモ囲いを作るよりも先に、6三銀型にして、攻めの形を作ります。

エルモ囲いを優先しても悪くなることはないですが、主導権を握るためにも、先に攻めの形を作ったほうが指しやすいです。

なので、エルモ囲いを作るよりも先に金を繰り出していきます。

石田流本組対策の棒金

本組を目指す場合、▲7七桂か▲9七角になりますが、どちらにしても、△7四歩から動いていきます。

スポンサードリンク

▲同歩△同金のときに、▲9七角か▲7七桂を指すことになるので、どちらが先でもあまり変わりません。

石田流本組対策の棒金

△9四歩と角頭を狙えるようにして、▲2八玉なら△7二飛で次の7五歩を狙っていきます。

当然、▲7五歩と打たれますが、△8四金をかわします。

石田流本組対策の棒金

次に△9五歩▲同歩△9六歩▲同飛△9五香がありますので、先手は動く必要があります。

動きに合わせて囲いを完成させる

どう動いてくるかは相手によって異なると思いますが、先手からは▲6五歩△同歩▲3六飛という動きがあります。

石田流本組対策の棒金

△7七角成と桂馬は取れますが、▲3四飛が王手金取りの十字飛車で、△3三歩▲8四飛でさばかれてしまいます。

なので、△5四銀とあがって、金取りを防ぎます。

▲3四飛△3三歩▲3六飛。

石田流本組対策の棒金

△7五金▲7六歩△7四金と引いて、9五歩から角を狙ったり、4五銀から飛車をいじめたりと後手の楽しみも多いです。

この辺りで、▲3一金とエルモ囲いを完成させるのも有力です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*